*

肉も人も良し悪しは顔にでる

公開日: : 2017/09/03 牧場・生産者

6月末にお肉になってくれたジビーフのリブロース。個人的に試したいことがあってこちょこちょしていたのですが、途中でサブールドラメールの山本シェフにバトンタッチして約1ヵ月。昨日Lボーンの状態で送られてきたので焼いてみました。どれだけ水分があるんだというくらい瑞々しくてジビーフの自然力たるや、まさしく大地の恵みです。

さて、先日「肉の目利き」ということで取材を受けました。枝肉を目利きする時はいくつかポイントがありますが、まずは枝肉の顔とも言えるロースの断面を見ます。同じく生産者を見るときも顔を見ます。いくら話したところで友達でもないので本質までは分かりません。愛情だの感謝だの言われたところで、そんなことは分かりきったことだし、やっぱり性格は顔にでます(笑)

ジビーフの西川奈緒子さん。いい顔してますよ!

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牧場チャンネル、リニューアルしました

牧場チャンネルを少しだけリニューアルしました。 リニューアルといっても、見やすくしただ

記事を読む

牧草育ちのトックリ(骨付きモモ)2本は駒谷牧場のアンガス牛と吉田牧場のブラウンスイス牛

ジビーフ『ムサシ』25ヶ月齢(去勢)が北海道からトラックに揺られてやってきました。別室で少し

記事を読む

愛情が肉をおいしくする

肉とアルコールの相関関係は好みもありますが、赤ワインだけではなくシャンパーニュや白ワイン、ロ

記事を読む

ウィリアムと柳瀬さんとセヴェロオープン、そして不思議なメンバーで牧場見学

パリ14区のル・セヴェロといえばステーキの名店。そのセヴェロが明日18日、西麻布にオープンし

記事を読む

牛と料理人

料理人が牧場まで足を運ぶにはいろいろな想いがあってのこと。というのも大切な休みを使って1日を

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
ジビーフ一般販売前に改めてジビーフとはどのような経由の肉なのかを知っていただきたい

幼いころから和牛一筋で育ってきた僕は、日々の生活でも当たり前の

フランスからリムーザン牛入荷

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛

有機JAS認定のジビーフがと畜されました

有機JAS認定のジビーフ第一号の屠畜がさきほど終わりました。で

→もっと見る

  • 2018年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031