*

フランス産のバザス牛を吊るしとドライエイジドで短期熟成してみた結果はいかに

公開日: : 2016/08/22 熟成肉

フランスで有名な牛肉といえば、シャロレーやリムーザン、ブロンドダキテーヌ、バザスあたりでしょうか。私がフランスの友人数名に「どの品種が一番おいしいの?」と聞くと答えはバラバラ。じゃー「おいしくないのは?」と聞くとみなさん打ち合わせしたかのように同じなんですね(答えはナイショ)もちろんバザスじゃないですよ。

さて、バザス牛のリブロースとサーロインを骨付きで預かったのが7月29日のこと。海外の牛肉は赤身が多く食べやすいのですが、どうしても旨みに欠けるのです。万人受けする牛肉もいいけど、せっかくなのでフランスで食べるバザスよりおいしくできないものかと、いろいろ試そうというわけなんです。

結果的にはフレシュの状態のほうが良いかも知れませんし、逆にいじくりまわしたほうが良いかも知れません。私もフランスの牛肉は手当てしたことがないので手探り状態ですが、友人のイブマリに聞いた話などを参考にしながら、私流のやり方でまずは吊るしとドライエイジドで短期熟成を試みてみました。第一回目の試食を8月27日に設定し、第二回目は9月22日を予定しています。20日と50日の熟成期間を目途に手当てしていきます。

 

IMG_1516

サーロイン:入荷直後↑

この時点で、肉が酸化しているようでしたがフランスの肉屋で何度か見たときもこんな感じだったので問題ないのでしょう。日本だったらギリギリセーフ、、、みたいな感じかな。

IMG_1566

サーロイン:吊るし20日目↑

ちょうど20日経過したところです。断面はさすがに乾燥して変色していましたが3㎝程度削ればこんな感じで色鮮やかな小豆色が顔を出します。ただ、吊るすときにS字フックをランイチ側の骨にひっかけたのが原因なのか、少し酸化が進み黴が発生していました。水分量もリブ側よりサーロイン側が多く、肉に圧をかけると水分が浮き出てくるほどでした。

IMG_1573

サーロイン:ドライエイジド20日目↑

吊るしとは対照的に水分量がかなり減少していました。とはいっても20日程度なので40日後、50日後を観察したいと思います。

IMG_1520

IMG_1522

リブロース:入荷直後

見ようによってはアウトでしょう(笑)
でも、表面だけですから3~4㎝削げばまったく問題ありません。フランスの肉屋でみたものは、この状態をキープして表面を固めていく感じでした。ちょっと我慢比べなところもありますね。

IMG_1592

リブロース:ドライエイジド20日目↑

かなりキレイな仕上がりです。こうやって見比べると入荷直後は疲れてますね。20日経過して息を吹き返したかのように肉が輝いています。

13892239_1108214289244256_8073885241629066827_n

ちなみに、こちらはジビーフです。なんかすごくないですか?!フランスの牛肉は赤身が特徴ですが、ジビーフも負けてませんね。この2種を食べ比べようというわけですからいまから楽しみです。

ということで途中経過でした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

変わりゆく飲食店の欲求と需要

いつだったか、うちのスタッフが国道沿いのファミレスの看板はややこしいですね。 と言っていた

記事を読む

ホルスの熟成Tボーンと偽装に関する話しを少しだけ

昨日販売開始したホルスタインのLボーン30日熟成ですが、あっという間に売り切れてしまいました

記事を読む

本日より再販する熟成肉は木下牧場さんの但馬系純粋近江牛です

ようやく仕上がった。 本日より再販しています。近江牛熟成肉(→クリック) 約1ヶ月品切れ

記事を読む

バザス牛最終章、50日が限界と感じたのですが身質は仔牛のようなふわっとした味わいに仕上がったのでした

バザス牛入荷 8月22日の記事(→) バザス牛短期20日熟成試食会 8月28日の記事(→)

記事を読む

ドライエージングビーフにもストーリーが必要だと思うのです

日本初上陸の「ウルフギャング」へ行ってきた。ニューヨークやワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930