*

あるシェフの言葉にシビレて眠れなかった。こういうシェフが指名してくれる肉を育てることが私の目標であり、やらなければいけないこと。その先にあるのは肉屋の社会的地位向上しかない。

公開日: : 2016/06/04 雑記, 店・料理人

13383393_902780649850602_1995357433_o

あるシェフから送られてきた1枚の写真。僕も参加するはずだった食事会でしたが、翌日の朝が早いため泣く泣く欠席に。場所は東京駒沢にあるレストラン。

写真の送り主は、いま日本の料理界で分野を問わず、技術的にも、人間的にも、最も尊敬されているシェフと言っても過言ではありません。料理に関わっている方なら、おそらく直接知らなくても専門誌にも多く登場しているので名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

そのシェフが、料理に感動してメッセージをくれたのですが、まるで目の前に焼かれた肉が乗っている皿があるかのような心が宿った内容でした。そして私が揺さぶられたのがこの言葉です。

「イメージが掴めてると言うか、手の感覚の延長線で焼いてると言うか、食べながら悔しかったですね〜」

この、「悔しかった」になんともいえない熱いものを感じたのです。

そして、この一文に私は心がシビレて朝まで眠れませんでした。

「牛肉に向き合う姿勢ですよね
素材を、料理を、もっと愛でなければいけませんね」

「味じゃなくて、味わいを作れる料理人になります
本当に素晴らしかったです」

いつも気づかせてくれるのは牛であり、肉であり、そしてシェフの言葉です。
悔しいと言わせるシェフもすばらしいですが、悔しいと言ったシェフもすばらしく、そしてなによりもカッコいい。しかし、悔しいってすごい言葉ですね。日本のトップシェフがまだまだ進化する姿を見てみたいし、こういうシェフに使っていただける肉を育てていくことが私の目標であり、目指すところなのです。まだまだ道半ばですが・・・

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

牛の飼料について当店の取組みと課題、そして解決方法

知人が鉄板焼きの店を出したいと前々から相談を受けていたのだが できれば友人知人と商売はした

記事を読む

チャドルバギに見る世界の牛肉事情

2年ぶりのソウルは相変わらず、街も人も食も熱かった。 もちろん朝、昼、晩と、肉づくしは

記事を読む

スペイン料理 aca1°(アカ)の肉料理はこれから大注目です

今週はハードだった。週のはじまりを大阪でスタートして翌日は新潟へ行き(お店が凄かった!また機

記事を読む

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕からアプローチすることはないので、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28