*

11年目のびわ湖BBQ,今年は熊本県産の黒毛和牛で参加者大興奮!ランイチからイチボとランプとラムシンの違いを楽しみ、愛農ナチュラルポークのトンカツまで登場

公開日: : 2016/06/05 イベント

13322070_845828118884391_7192367211768475754_n

なんとなく仲間が集まってBBQすることって別に珍しいことではないと思うのですが、中小企業の経営者ばかりが全国から琵琶湖畔に集ってBBQするとなれば、それはもう毎年待ち遠しく、今年で11回目になりました。それこそなんとなく始めたレクレーションが11年も続くのですから、継続こそなんとかですね。遊びありきですが・・・

最初の頃は、タンやホルモン、ウィンナー、そしてメインの近江牛だったのですが、今年なんて塊の肉を現地でカットして、愛農ナチュラルポークの肩ロースを焼きとトンカツで楽しんだのですから、だんだんマニアックになりつつあります。そのうち解体ショーとかやりだしそうですが、時代と流行がBBQにも反映しているように思います。BBQ=焼肉ですが、最近ではステーキ用の塊肉を持ち込む方も増えているようです。

今年は、近江牛ではなくぜひみなさんに食べて欲しい、知ってほしいということもあり熊本県産の黒毛和牛をご用意させていただきました。阿蘇郡南小国町で育った牛ですが、買い付けは生産者で選んだのではなく、産地と肉質で選びました。だいたいが生産者を知りませんし個体識別番号で調べられる程度の情報しかありません。これが仕入れた肉の情報を知る範疇なのです。

逆に、近江牛を仕入れる場合は、牛ではなく、枝肉を目利きして買い付けるのですが、品質と同じくらい、いや、それ以上に重要視しているのが生産者です。いわゆる「だれが育てたか」になるわけですが、いくら良い肉でも生産者によっては買わない場合もあります。私の場合、目利きは牛ではなく人ありきで、優先順位はどこまでいっても人なのです。

落ち着く気配すらない和牛相場ですが、私は大きなビジネスをするつもりもなければ、そこに憧れもありません。ジビーフや愛農ナチュラルポークのように身内マーケットで市場とは違う価値観でつながりを作れればと考えています。近江牛も高すぎて先々どうなるのか心配の種は尽きませんが、まじめに取り組んでいる生産者のためにも、信頼できる料理人や消費者の元へ間違いないものを届けていきたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワインメーカーズ・ディナー でドミニク・フーバーと

私は普段から喜怒哀楽を表情に出さないので、たまにガッツポーズをするとこのように猫ニヤンニャン

記事を読む

バザス牛をDABと吊るしで仕上げてカルネヤの高山シェフが焼くと言う贅沢な試食会

少し前になるが、フランスのバザス牛を輸入しているN女史から依頼を受けて私がドライエイジングと吊るしで

記事を読む

短角牛「草太郎」を食す会は肉好きが世界中から集まった

まずはこの写真を見ていただこう。 グラスフェッドで育てた短角牛「草太郎」の持ち主という

記事を読む

プロのためのフードツーリズムツアー in 北海道

<行程表> ■6月7日(日) 9:30 帯広空港着(集合 ANAは8:45着) *レンタカ

記事を読む

イブ=マリ・ル=ブルドネックに学ぶフランスの食肉事情

ジビエ会議の翌日は、「熟成肉、日本とフランスの違い」というタイトルで私が、「肉業界の未来~人

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2023年11月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930