*

Restaurant L’asse(ラッセ)で繰り広げられたおいしさの饗宴はすばらしくて心地よくてわくわくが止まらない会となりました

公開日: : 2016/04/28 イベント

IMG_05823

東京目黒のRestaurant L’asse(ラッセ)で開催された「肉とチーズでプリマヴェーラを楽しむ会」は、参加していただいた皆様大満足の会となりました。

2年前にジビーフの里ツアーへ参加していただいた方々と日頃からジビーフを応援してくださっている皆さんにお声がけさせていただいたわけですから、盛り上がらないはずがありません。しかも、様似から生産者(というより見守り役)の西川奈緒子さんもこの日のためだけに参加するというのですから、それはもうシェフも気合が入るというものです。

そもそもは、白糠酪恵舎の井ノ口さんとチーズと肉で何かやりたいよね、という話からはじまり、ならジビーフでしょう、愛農ナチュラルポークでしょう、となったわけです。井ノ口さんのチーズはかなり気合がはいったものばかりなので、失礼にならないよう牛や豚たちもしっかり手当てして完璧な状態でシェフへお渡ししました。自己満足かも知れませんが、ジビーフの水分の抜け具合なんかいままでで最高の状態じゃないかと思うほど惚れ惚れする触感だったのです。

IMG_0786

数時間の食事のためにかける時間は計り知れないのですが、すべてはご参加くださるみなさまのために、そして自分たちが楽しむために全力を尽くすのがプロの仕事だと思うのです。井ノ口さんはイメージを膨らませるためにわざわざ滋賀に来てくださったり、ラッセの村山シェフは何度も何度も試作を繰り返し、各々が力を蓄えながら当日に備えるのですが、メインを担当する銀座レカンの高良シェフもまたジビーフを料理できるということでわくわくしていたに違いありません。

 

13043567_881906205271380_6048027913761877168_n

20160428113516783_0001

今回は料理の写真をとる暇がなく、それほど楽しい会だったのですが、やっぱり最後に思うのは人ですね。ジビーフというワードこそあれ人の繋がりがなければこれだけのみなさんが集まってくれませんし、そのために落としてはいけないのが「信用」であり「味」だと思うのです。どちらも欠けさせることなく、みなさまとわくわくできることをこれからもやっていければと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛の内臓をイルジョット高橋シェフが料理するとこうなった

今年最後の肉Meetsはイルジョットで締めくくりました。イタリアンの天才シェフが繰り出す内臓

記事を読む

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステー

記事を読む

肉Meets in 山下ワイン食堂は前菜から度肝を抜かれた

1社の食品偽装が明るみになると次から次へと各社の偽装が露呈するという雪だるま式は10年前から変わらな

記事を読む

牛肉サミット2012 10万人の来場者で熱く暑く盛り上がった!

会場をぶらぶら歩いていた井岡弘樹さんと(^^) 牛肉サミット2012が終わった。 私の夏

記事を読む

6月30日までのご予約に限り早割適応

・・・早割 「早割」「スーパー早割」「ネット割」などなど、世の中には様々な割引がある。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930