*

Hugo Desnoyerオープン 落ち着いた頃にもう一度行ってみたいと思います

12196003_971349209570074_8453159671912264459_n

Hugo Desnoyerが恵比須に店を出したというのでオープン日に行ってきました。同時期にパリにも新店をオープンさせるとかでHugoは不在でしたがシェフのサイタさんと再会を懐かしんだあとに1.2kgのリムーザンを焼いてもらいました。スキレットで焼いたコートドブッフは赤身が強くてマグロのようでした。良い肉はマグロに例えられることが多く、とろっとした赤身が好きな方にはおすすめです。常陸牛のタルタルやビーツのサラダ、もちろんデザートもしっかり食べておじさん2人は大満足だったのです。

12196267_946385225427164_7139783556655299309_n

Hugoで気にいったのはこのナイフレスト。牛の骨を加工したものですが、お気に入りの牛や賞をとった牛の骨でナイフレスト作って生産者にプレゼントすると喜ばれそうですね。超ハードな東京2日間でしたが、Hugoを後にしてまだ食べるかというくらい食べて飲んで翌日は、高田馬場の名店、とんかつ成蔵さんで愛農ナチュラルポークの会。

11692707_903541199700155_7664027966341923877_n

とにかく凄かった!としか言いようがないのですが、翌日は例によって始発で帰り新幹線で爆睡。気がつけば新大阪でした。博多まで行かなくてよかったですが名古屋→京都間があっという間なので寝ちゃダメですね。

さて、店舗に戻ると開口一番、スタッフから「愛農ナチュラルポークのボンレスハム、販売しないのですか?お待ちいただいているお客様から催促のメールがきているのですが・・・。」と怒られる始末。いやいや、忘れていたわけではなく、1週間前に出来上がってはいたのですが、なんか味が違うような気がしたのです。早く販売しないと賞味期限が短いのでスタッフは焦るのですが、おいしくないものを販売するわけにはいかないので、しばらく置いて様子をみていたというわけです。

で、どうなったかと言いますと、すごくおいしくなってくれました。理由はよくわかりませんが、置くことによって味が馴染んだのでしょうね。12月はバタバタしますのでおそらく今年最後のボンレスハムになります。よろしければお味見ください。

愛農ナチュラルポークのボンレスハム(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポーク骨付きロース4本販売可能です

愛農ナチュラルポークを販売したのが昨年の12月ですからちょうど1年が経過しました。おかげさま

記事を読む

愛農ナチュラルポークのハムは6月販売予定

愛農ナチュラルポークのバラでつくったベーコン[/caption] 愛農ナチュラルポークのおい

記事を読む

愛農ナチュラル紅ポークのLボーン限定7個販売しました

愛農ナチュラルポークを完全放牧で育てたいとプロジェクトを立ち上げたのは、ジビーフの生産者、西

記事を読む

愛農高校へ、そして愛農ナチュラルポーク

二条の大鵬(中華)のみなさんとエーテルヴァインの江上さん、そして現在うちで研修中の了平(愛農

記事を読む

志の高い料理家たちをつなぐ愛農高校見学ツアー

日本味育協会代表の宮川先生、ご満悦の表情 神を忘れた良心は麻痺し、土を離れた生

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031