*

愛農ナチュラルポーク入荷しました

公開日: : 2014/02/08 愛農ナチュラルポーク

IMG_2186

先日、ある食事会で「最近、熟成肉ってよく聞くけどどうなの?味は、、おいしいの?」と質問された。質問者は自営業の女性だったが、この日に限らずあらゆるシーンで熟成肉の話題を振られる。正直疲れます。それだけ熟成肉が身近になったということなのだろうが、これは間違いなくメディアのおかげであり、それ自体はうれしいことだ。ただ、猫も杓子も(失礼)熟成肉にチャレンジされると必ず近い将来、問題が起こることが予想できる。もう起こっているかも知れない。

牛は屠畜され枝肉となるのだが、屠畜後は死後硬直のため肉が硬くなる。時間の経過とともに肉が持っている酵素によってたんぱく質が分解され、旨味成分のアミノ酸に変化するのだが、この期間も広い意味で熟成という。

非常にややこしくて消費者の方々は混乱すると思うのだが、ブームになっている熟成肉とは、DAB(ドライエージングビーフ)のことで、このあたりを見極めるのは少々むつかしいかも知れない。飲食店で熟成肉といわれて腐敗した肉を出されても、旨い不味いは別にしてそれを信じるしかない。ということで長くなりそうなので熟成肉に関してはまたの機会にじっくり書くとして、今日は愛農ナチュラルポークの入荷のご案内です。

2月は1頭しか入荷がないと愛農高校から連絡を受けていたのですが、100kg超えの豚さんが4頭いるとのことで、急遽出荷の手配をとっていただいた。本日2頭と月末に2頭の入荷予定です。ただ、飲食店優先で段取りしているので、なかなかサイトで販売することができず、問い合わせも多くいただいているのですが申し訳ない限りです。

てことで、取り急ぎ販売できる商品のみサイトにアップしましたのでお買い求めいただけましたら幸いです(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークのおいしさたるや驚きのカツレツ

3月はイベント続きで更新がまったくできていませんでした。今月もよく似たものですが・・

記事を読む

愛農ナチュラルポークの骨付きモモ

愛農ナチュラルポークは、三重県伊賀の愛農高校で育てられています。木曜日に先生と生徒が豚の体重

記事を読む

愛農ナチュラルポークのLボーンをじっくり揚げるとこうなった

少し前になりますが、某所で食べた驚愕の愛農ナチュラルポークLボーンカツレツ。揚げるという発想

記事を読む

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には

記事を読む

愛農ナチュラルポークいまなら全品揃っています

写真は愛農ナチュラルポークの脂ですが、ご覧のとおりオリーブオイルのような植物性油脂ほどサラサ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930