*

ジャージー牛リブ2本、サーロイン3本が販売可能です

公開日: : 2015/07/25 商品

10469772_10152896348612231_6267789739471658555_n (1)

岡山・蒜山(ひるぜん)のジャージー牛が3頭分、40日の熟成で仕上がりました。部位はリブとサーロインです。ただいまリブ2本、サーロイン3本が販売可能です。ご興味のある方はご連絡ください。

ジャージー牛は骨細のため枝肉歩留は50%程で、肉量は少なく、脂も黄色みがかっていて喜ばれない肉なのです。おまけに骨を外すと身が薄くて見た目がよくないのでとてもおいしそうにはみえません。しかし、知る人ぞ知るジヤージー牛の肉は、しっかり手間ひまかけてやればかなりおいしくなってくれるのです。私の場合は、フレッシュなものから熟成したものまでいろいろ試しましたが、柔らかさと旨みがある肉に仕上げるにはドライエージングがもっともよい結果となってくれました。

昨夜、イルジョットで高橋シェフが焼いたジャージー牛を食べたのですが、あまりにもおいしくて驚きました。私が焼いてもそこそこおいしかったのですがやはりプロですね。食材を見極めて最適の火入れをしてくれました。※販売中のGQ JAPAN9月号にイルジョットやLe14e掲載中

11745337_898635700202117_3354898063976680399_n
GQ JAPANのインタビュー記事にも掲載されていますが、生産者はおいしくなるように牛を育て、肉屋は枝肉を見極め、肉にするタイミングを計り、そして最後は料理人がおいしくしてくれる。これらの比率が生産者や肉屋が50%であとの50%は料理人の仕事だと思っていました。

以前にこのことをある料理人に話したら、「いや違いますよ、生産者や新保さんの仕事が90%で僕の仕事は10%です。我々の仕事は素材ありきなんです」こうおっしゃたんですね。

私は謙遜しているとばかり思っていたのですが、ここ最近、いや、そうなのかなと感じることが何度かありました。

たとえば、火入れが抜群でも肉そのものが味が抜けていておいしくなかったり、単純な料理ほど素材の力が前面にでてくるんですよね。シェフと肉の相性がよくないというか、もちろん仕入れ原価など経営的なことも関係しているのかも知れませんが、それらを差し引いても残念な場面に遭遇するとついついそんなことを思ってしまうのです。

10%という数字だけをみると低く思えるのですが、すばらしい素材をいかに生かせるかに全力をだす10%は私たちの100%に匹敵する、いや、それ以上なのかも知れません。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生産履歴が明確な近江牛ミンチで作るハンバーグは絶品

数年前からネットでも近江牛ミンチを販売しているのだが ミンチを冷蔵で発送するには、変色とい

記事を読む

シェフの好みによって仕上げを変える

ワインだけではなく、野菜も米も肉もビオや有機といった言葉をよく聞くようになりました。レストラ

記事を読む

木下さんと新しい取り組みがはじまります。ご期待ください!

  これ4年前の写真です。姿形はあまり変わっていないのですが事業内容は随分と

記事を読む

愛農ナチュラルポークとジビーフの入荷情報

愛農ナチュラルポークの入荷ですが、今月は31日に1頭、9月は毎週のように入荷が見込めます。と

記事を読む

愛農ナチュラルポークは11月9日(金)から販売開始

最近豚肉の話ばかりだが、じつは10年程前までは 豚肉なんてなんでも同じや、味なんて大差ない

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930