*

ぜんざい(善哉)

公開日: : 2011/12/04 商品

zenzai_w2.jpg

小さなころから甘党で、特に“ぜんざい”が大好きだった。

両親は共働きだったため、お盆も正月も仕事、仕事でおせち料理を食べた記憶もない。

唯一、母親が正月に作ってくれるのが“ぜんざい”だった。

年末に近所の人たちが集まって餅をついて配ってくれるのだが
それがおいしくて、焼いて食べたりぜんざいに入れたりして
毎日のように食べていた。

そんな影響なのか、いまでもぜんざいが大好物で
甘味処を見つけると、ついつい入ってしまう。

ところで、ぜんざいは漢字で書くと「善哉」だそうで仏教用語だとか。
あの一休さんが最初に食べたと言われているだが、こういう話を聞くと
いったいだれが見て、どうやって今の時代まで伝わっているのか不思議だ。

調べてみると、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しているという
説もあるようだ。

なんと「出雲ぜんざい学会」なるものまであるではないか。
う~ん、これは気になる。

さて、そんなぜんざいだが、いくら好きでも頻繁に作るとなれば
小豆を炊いて煮て汁を捨てて・・・なんてことはやってられない。

かと言っても、近くにおいしいぜんざいを食べさせる店もないし
市販のレトルトでは満足できない。

ならば作ってしまえと言うことで、できあがったのがこちらだ(→クリック

レトルトだから100点満点ではないが
私の好きな味にかなり近いものが出来上がった。

当初は地産地消で滋賀の小豆を使ってみたのだが
私の思った味にはならなかったので、北海道の小豆を使うことにした。

肉を食べた後のデザートとしては少し強引な気もしないではないが
とにかく、おいしく仕上がっているので、甘党の方はぜひお試しあれ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

豚肉のアクについて

近江牛専門店だが豚肉も販売している。 もともとは実店舗だけで販売していたのだがお客さんの要

記事を読む

スペシャルな近江牛ハラミは完売いたしました

クリスマスが終われば肉屋にとって一年でいちばん忙しい6日間がはじまる。ここで無理をするかしな

記事を読む

一頭まるごと仕込みの近江牛カレー

2週間ほど外食続きだったので 先週から、質素な食生活を心掛けていたのだが そういうときに

記事を読む

愛農ナチュラルポークLボーンステーキ再販です

先日の大雪で出荷トラブルが続出でして、宅配会社に電話しても関東方面は出荷できないとのことで、

記事を読む

ハンバーグのことをもっと考えないと

親戚の叔父が東京から来るというので忙しい家族を代表して私が接待することになった。 知人

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28