*

肉焼きの上達法はどれだけ場数を踏むかだと思うのです

公開日: : 2015/04/04 店・料理人, 近江プレミアム牛

IMG_3691

写真は近江プレミアム牛ですが吊るしてちょうど30日目です。ウチヒラとシンタマはすでに10日目と20日目に外しているので、本日ソトヒラを外して残るはランイチのみ、あと10日もすれば某シェフからオーダーがあるでしょう(笑)この骨付きモモは1本まるまるシェフから預かっているだけで、私が管理しています。いくらなんでもこの塊をレストランの冷蔵庫で保管するのは無理がありますからね。

部位ごとに日を分けて骨を外していく場合、通常の捌き方とは違って少し変わった外し方をします。ご覧のような歪な形になるのですが、ゆっくり水分を抜いて肉を育てていくイメージです。フレッシュな状態でウチヒラを外して他の部位は徐々に水分が抜けて枯れていきます。ただ、すべての肉をこのようにしているわけではなく、枝肉の段階で見極めながらすぐに捌くのか、吊るすのかを決めていきます。
10427259_846331872099167_6978194938935282890_n
20日程度吊るして乾かしておいた木下牧場のシンタマを京都の某店でいただきました。炭火で焼かれる様をカウンター越しに見ていたのですが、やはりというか火の通りが早かったです。木下さんの肉の特徴でもあるのですが、他の生産者の肉と比べるとかなり火の通りが早いのです。シェフは5時間かけて常温に戻してから焼いたそうなのですがピークを見つけるのが難しいとのことでした。もしかするとさっと焼いて余熱だけで十分だったのかも知れませんね。

とはいうものの、焼き手も食べ手も好みがありますし、ヨシッ!と思える瞬間はシェフとお客様の好みの合致だと思うのです。この日もカウンターの並びに座っていた男性客が、私にも聞こえるくらいの声で「この肉うまいわー!」と言っていたのですが、シェフ曰く理想に近い火入れだったと言ってましたからお客様とシェフの呼吸が合致したのでしょうね。

炭火の魅力はなんといってもプリミティブな行為ですし、外側をガリガリに焼いて中はほんのり温かな肉汁を感じる程度が私はおいしいと思うのです。あ、これも私の好みでありしっかり火を通したほうが好きだという人も当然いるでしょう。

10996533_846259648773056_6557420322837896243_n

これは京都の某店ですが、薪を使うシェフがここ最近増えてきましたね。私は薪の知識はまったくないのでなんら語ることはできないのですが、原始的な調理法だからこそ肉の特性がでやすいのかなと思ったりします。

総括すると、肉焼きは、肉の種類や道具によっても変わってくるだろうし結局は枚数を焼き、道具を使い倒して感覚を掴むしかないように思うのです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江プレミアム牛、ますますおいしく、そして際立ってきました

月1頭出荷の近江プレミアム牛ですが、飼料の高騰などの煽りを受けて来月より仕入れ価格がぐーんと

記事を読む

おいしさの根幹は場づくり

数年前に友人たちと愛農高校を訪問したときの1枚です。先生や生徒たちと給食をいただき童心に返っ

記事を読む

去勢は吊るし30日で雌は40~50日がベストかな

クレメンティア田淵シェフによる桜の枝による燻製。こういうのをセンスと言うんでしょうね。肉は木

記事を読む

肉質は餌の影響が大きく、ストレスは環境によって変化し、これって人間と同じことですね

今朝はジビーフに愛農ナチュラルポークに、平かしわに先日のセリで落札した近江牛にと、バタバタと

記事を読む

シンプルな料理こそ素材力を感じる

いきなりデザートか ... と思ったのですが、いやぁー、参りました。 東京某所のイタリ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930