*

ジビーフの一般販売に関しまして

IMG_1286

ジビーフの一般販売に関しまして、たくさんの方からお問い合わせをいただいておりますが、今回入荷分は申し訳ございませんが一般販売分はなく一部を除きほとんどを信頼できるシェフのみなさんに使っていただくことにしました。

フード・アクション・ニッポンアワード2014で審査委員特別賞を受賞させていただいた影響もあり、全国のレストランからもお問い合わせをいただきましたが絶対数が少ないこともありお断りさせていただいております。本当にありがたいことで埋もれていた牛にスポットを当てていただき感謝しかないのですが、いかんせん出荷頭数が年間4~5頭程度でしかも使える部位も限られているのです。

ジビーフが育つ環境や生産者の想いに共感してくださり、どうしても肉を使ってみたい、食べてみたいとおっしゃってくださる方もたくさんおられるのですが、私自身の考え方もありましてむやみやたらと販売網を広げるつもりはありません。

今回のように一般販売しないことのほうが多いのですが、当店のお客様のなかには、牛肉を食べたいけど様々な理由(病気など)で食べられない方がおられます。それでも私を信頼してくださり月1のわくわく定期便をご注文くださったりするわけです。もうこうなると仕事とかではなく想いの繋がりのようなものを強く感じるのです。

近江牛もいいのですが、そういった方にこそ私はジビーフを食べてほしいのです。写真は今回入荷分から骨付きロース1本だけ残して冷蔵庫に吊るして水分を抜く作業をしていたものです。

IMG_1289

包丁を入れたらこんな感じです。私的にはかなり満足度が高い仕上がりです。赤身が強く脂も黄色くて一般向きではない感じですが、これがおいしいんですよね。けっして柔らかい肉ではありませんが、きっと口に入れたときに何かを感じていただけると思うのです。ジビーフとはそういう肉なのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

函館コルツにて、ジビーフと農楽蔵ワインと。

ジビーフが引き寄せるご縁はなんとも素敵で、今年の6月にピヨッシュの林さんがジビーフツアーに参

記事を読む

対照的な牛2頭はコザシの近江牛と赤身が詰まったジビーフ

9月14日にと畜した後藤牧場さんの近江牛(A-4)ですが、サシが細かく入っていて見るからにお

記事を読む

誠実な生産者が育てた肉を選びたい

某ライターさんから「新保さんは生産者になにを求めていますか?」と聞かれたのですが、「誠実」し

記事を読む

ジビーフですき焼き、じつは初めてでドキドキしましたが健康な肉は食後の体が軽い

ジビーフですき焼き。ひと口めは慣れないせいか違和感があったが、食べ進めていくと意外とうまい。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031