*

熟成いろいろ、同じ条件でも個体差でこうも違うものなのか

公開日: : 2013/09/15 熟成肉

昨日今日とテレビの影響で、木下牧場の肉を求めて来店くださるお客様が多数。なにわナンバーやら京都ナンバーやら、県外の方が目立った。ロース系は店頭でも販売しているのだが、モモ系は先に予約いただいているレストランやネットのお客様でほぼ完売状態なのだ。

木下さんの肉は、他の牧場さんの肉と比較してもあきらかに違いがわかる。味は正直好みがあるので好き嫌いがあるかも知れないが、できればロース系で試していただきたい。

さて、下の写真は本日仕上がったばかりの藤井さんの熟成肉だ。

IMG_1183

駒谷牧場、西川さんの野生アンガス牛と同じ日に熟成庫に入れた藤井牧場さんの近江牛(経産牛)。どちらも部位はロース。

条件はまったく同じなのにこれほど違うものなのか。藤井さんのロースは脂までカビに覆われており、チーズのような香りがする。見た目もチーズそのもの。一方、駒谷牧場、西川さんの野生アンガス牛は断面は熟成感がでているものの、背脂はまったくカビが付着していない。

個体によって熟成に向き不向きがあることは経験上理解はしていたが、これほど差がでるとは正直思ってもいなかった。いやぁー、奥が深い。野生アンガス牛は、赤身が強く水分が少なかったうえにドライエージングにより完全に水分が飛んでしまっていた。料理を担当してくれたイルジョットの高橋シェフは、やけに火のとおりが早かったと言っていたのはこういうことだったのだろう。

IMG_0882

藤井さんの熟成ロースは、とにかく小さくて片手で持てる重さしかないのだ。わかるかな、、、骨付きの状態で右手に1本、左手に1本軽々持てるのだ。普通は両手でも重くて慣れていないと持てない。

近江牛の経産、お母さん牛はとっても貴重なので売り先もいろいろ考えてしまう。おいしく料理してくれるシェフの元へ届けたいのだ。ということで今回は、肉の特徴を生かした料理をしてくれるであろうシェフの元へ・・・。

リブを大阪の靭公園近くにある、ビストロ デ シュナパンへ。サーロインを南草津のサルティンボッカへ。そして残りの1本(リブ&サーロイン)を京都河原町丸太町のル・キャットーズィエムへ。

重量的にかなり小さいのですぐになくなると思いますが、お時間ある方はぜひ。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

熟成肉の販売について

2月には50頭分のロースやモモが熟成庫で出荷を控えていたのですが、コロナの影響で行き先がほと

記事を読む

驚くほどあっさり、そして旨味がたっぷりの経産牛の熟成肉

65ヶ月齢の近江牛@後藤牧場(手前)、北海道産交雑種のランプ(奥)[/caption] H1

記事を読む

ホルス(30日熟成)Lボーン3㎝カット販売開始しました

熱したフライパンに肉を入れれば焼けてしまうのですから、肉焼きは言ってみれば簡単です。しかし、

記事を読む

ドライエージングビーフを極める

「牛肉は少し寝かせたほうがいい」 よく聞く話ではあるがいったいどういうことなのか?

記事を読む

経産牛

僕が熟成させる肉の90%は経産牛だ。その他の肉、例えば格付けA4以上の近江牛は熟成させない。させる意

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031