*

サスティナブルな畜産、ジビーフひとみ入荷

公開日: : 2019/10/24 ジビーフ(完全放牧野生牛)

濃厚飼料の国内自給率はわずか数%です。今後、益々輸入に頼らないと日本の畜産は立ち行かなくなるでしょう。米国もEUも月齢30ヵ月以上の壁は間もなく撤廃される。そうなると、日本人好みの輸入牛肉が食卓や飲食店で口にする機会が増えます。困る人もいれば歓迎する人もいるだろう。僕には関係のない話、、なんてことを言うと無責任だと突っ込まれそうだが、実際、僕が関わり扱っている牛たちは競争がないものばかり。

たとえば阿蘇のあか牛。草原projectの橋村さん、東海大学の服部先生とのお付き合いから僕に託されていますが、夏も冬も草が育つ阿蘇の草原ならば、一年を通じて草だけで育てることができます。飼料自給率100%の国産和牛を育てながら、阿蘇の草原景観維持や農地の荒廃を防ぐ効果も期待できます。これこそサスティナブルな畜産であり農業だと思うのです。

ところで

 

ジビーフ『ひとみ』29ヶ月令♀。一昨日肉になりました。小柄で美しく僕好みだそうです(奈緒子さん談)ジビーフが育つ様似の大地、牧草地は種を蒔き動物たちの糞尿で発育し、ジビーフが草を食べ、力強い土が育ちます。こうした自然循環がジビーフの肉を作り、持続可能な畜産を実現しています。

ジビーフ『ひとみ』内臓は大阪の遊山、フィレはラフィナージュ、他の部位はシェフの顔を浮かべながら仕上げていきますので、ぜひお店に足を運んでください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

函館から6時間のドライブ、ジビーフを訪ねて様似へ

函館から車で6時間・・・もはや日本じゃない(笑) 数か月前、際コーポレーション

記事を読む

3年前に逃げ出した母牛の子「ヤックン」がお肉になりました

ちょうど3年前、ジビーフを初めて出荷するために西川奈緒子さんが2頭の牛をトラックに乗せたので

記事を読む

熟成肉同様、赤身肉にも定義がないのです

さて、なんの肉でしょうか?..... 牛肉には違いないのですが、おそらくですよ、料理人

記事を読む

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

真夏でも真冬でも完全放牧ジビーフ

「放牧系の牛を分けて欲しいのですが」という問い合わせが多い。メールもやらないし電話もでないので、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031