*

神楽坂うを徳さんですき焼き&ワイン会

公開日: : 2019/10/07 イベント

更新がかなり遅れていますが、土曜日は夕方から7代続く神楽坂の老舗料亭 “うを徳” さんですき焼き&ワインの会を行いました。

二日間連続での会ですが、一日目に用意した肉は、近江牛の肩ロースとウデを合わせて一人300g。ちょっと多いかなと思ったのですが、これくらい食べてもらわないとね。まずは、うを徳の大将、隆ちゃんの粋な計らいでジビーフなおみのセンマイと小腸の先付けに感動。

始まる前にいつもなら肉の説明をするのですが、この日はジビーフのことだけ。以前なら生産者のことも話したりしたのですが、最近は必要ないかなと思っています。話も長くなりますしね。それよりも、サシの多い肉が食べられない人がどうして今回は食べられたのか、そんなことを解説したほうが興味あるんじゃないかな。二日目は、肩ロースとソトヒラの2種類を用意しましたが、残念ながら僕はアルドールの比嘉シェフの結婚披露宴のために沖縄へ。

さて、すき焼きに合わせるお酒は個人的にはハイボールかなと思ってるのですが、この日はコラボ会。ワイナリー和泉屋の新井さんがドンピシャで合わせてくれました。

泡 キュヴェ・プレステージュ レミーマッサン

泡 キュヴェ・ワイ ヴァダン・プラトー

赤 ラス・イルエラス2015

白 ラガルドメレンス・ブラン・バリッカ

赤 タラルン 2014

白 エカムエッセンシア 2015

新井さん総評

蒸し暑さの残った夜だとたので、スタートのシャルドネベースのキュヴェ・プレステージュはシャルドネとピノ・ノワールのブレンドでスッキリした美味しさでグッドスタートになりました。

2本目は僕も今回初めて飲んだヴァダン・プラトーのトップキュヴェのキュヴェ・ワイ、前ヴィンテージもとても美味しかったのですが、香りも素晴らしく各テーブルから『美味しい』『すごーい』という声が。嬉しい言葉をたくさんいただきました。ピノ・ノワール100%、生産本数500本という超レアもの。

3本目はジビーフなおみのセンマイと小腸の先付けにゲストのお一人、坂東彌十郎さんが赤ワインをリクエストされたので順番を変え、ラス・イルエラス 2015を。これっ、旨すぎ、流石話題のグレドス山脈周辺エリアを代表するワインのひとつだわ。隠し持ってるマグナムボトル、数年後、どんな美味しさになっているのだろう。すき焼きにもバッチリだった。

4本目
すき焼きの葱やお麩、白滝などに少ししっかり目の白ワインを。ここはもしかした別のグレドスのガルナッチャでも良かったかも。ラス・イルエラスよりも軽やかなラ・ブルーハ・アベリア 2013あたりでも面白かったかも。でもこのワインもバッチリではなかったけど美味しく飲みました。

5本目はすき焼きに合わせるワインを考えたときに一番にセレクトしたワイン、カステル・デンクスのシラー100%のタラルン2014、とてもエレガントなワインですき焼きにバッチリでした。

最後のワインはすき焼きを食べ終わったあとにのんびり美味しい時間をつくるために選んだエカムエッセンシア 2015、これは流石の美味しさ。とても品のある美味しいデザートになりました。

以上。

その後、時間も早かったので新井さん、彌十郎さんたちと5人で野堀さんのエスタシオンへ。コス・ペス2015、ディド・ロサートなどを楽しみました。僕は、エスタシオンへ行く前にレベルで一杯。

おかげさまで、楽しくおいしい会でした。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets 11月は3回開催します

生産者の顔は知っているけど消費者の顔は知らない。ふとそんなことを考えながら始まったのが肉

記事を読む

7月24日南山にて「よみがえりのレシピ」上映会&「夢いっぱいに食の未来を語る会」

サルティンボッカの木下牧場ランプステーキは火入れが抜群!この厚さにして中はローズ色でしっかり火が通

記事を読む

宮川順子先生&村田シェフの味育コラボ会

一昨日は、セジールにて初の試みとなる講演会形式のディナーが開催されました。16時から約2時間

記事を読む

第一回 肉Meetsは料理人と参加者の笑顔で無事終了

記念すべき第一回目となる【肉Meets】は、大いに盛り上がり参加者皆さんの素敵な笑顔で無事終

記事を読む

湯河原の冨士屋旅館で鹿と猪と近江牛

ある日のこと、際コーポレーションの中島社長から電話がかかってきた。湯河原の富士屋旅館で宿泊付

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930