*

父親間もなく引退

公開日: : 2019/05/09 コラム

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前開発で店がなくなるので渋々引退。16歳から肉一筋でやってきたので引退はしたくないだろう。まだまだやれると僕にアピールしてくるが無理だろう。僕と一緒に仕事したのは3年程度。もし今も一緒に仕事していたらもっと早く引退させていただろう。

風のように骨を抜く、風のように筋を引く。ものすごいスピードで正確に肉を切る。若かりし頃の父親は凄かった。絶対勝てないと思った。でも老いてしまった。僕もいずれそうなる。枝肉を扱う以上、肉屋の仕事は力仕事。数か月前も腸が破れて緊急入院した。退院した翌日には仕事している父親の姿があった。

肉屋しかできない。なんの趣味もない。さてどうしたものか。引退後はうちの店でコロッケでも作ってもらおうかと考えている。死ぬまで肉の香りの中にいたいだろう。

先のプロフェッショナル仕事の流儀。じつは父親にインタビューさせてほしいと何度も言われた。うちの父親は無口どころじゃない。なにもしゃべらない。その代わり茶髪でパンチパーマの母親が父親の100倍しゃべる。結局実現しなかったが、もしでていたらどんな感じになっていたのか・・・

テレビを見て電話が鳴りやまない。注文やら営業の電話やら、さすがに取引の電話は少ない。僕のイメージが悪かったからだろう(笑)

でも、番組を見て若者が一人でも肉屋に憧れ飲食店に興味を持ってくれればうれしい。それとある方にこう言われた。親孝行だぞ、、、と。遊ばせるとボケてしまうので9月からうちでコロッケでも作ってもらおうかなと思ったり。中学卒業して熊本から集団就職で京都に。それからずっと肉屋。最初の仕事がコロッケ作りだったそうだ。人生最後の仕事もコロッケで終わらせたい。まだまだ死にそうにないけど

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見ることもありますがどうみてもアウト

記事を読む

『まなそびてらこ』子ども記者クラブの夢奏ちゃんと百々子ちゃんが取材にきてくれました

一般の方で僕に肉の話しを一生懸命してくる人がいる。まぁいいんですが、どこで聞きかじった情報な

記事を読む

熟成肉ブームも落ち着いたかと思いきや地方が熱い

和牛経産のサーロインにビーツとサツマイモ、グロゼイユを合わせたものですが、これが本当に経産牛

記事を読む

仕事とのは相性、私はいまのところ良好なようです

狙って買い付けたA3の近江牛。予想通りモモは赤身が強くてしめしめとほくそ笑んだのですが、ロン

記事を読む

牛肉と酸について

さて、今日はタイトルにもありますが、牛肉と酸についてです。何年か前にあるシェフから「良い黒毛

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31