*

今年も開催ジビーフツアー

公開日: : 2018/05/23 ジビーフ(完全放牧野生牛)

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が開催されます。先日、東京出張の際、自由が丘でボンダボン多田さんとイベント中とのこと軽く打ち合わせで、だいたいの骨格がイメージできたかなと。あと前後していくつかイベントがありますが、その日に向けて肉を手当てしていくのがやっぱり楽しい。シェフは大変だと思いますが。

さて、イベントではないのですが、今年もシェフや食関係の方々とジビーフツアーを行います。200haの放牧地を歩きジビーフを見て、各々が何を感じるのか。そんな旅に毎回なるのですが、正直申しましてジビーフを見たからと言って劇的に何かが変化することはないと思うのです。

例えば和牛の生産者を訪ねても、牛を見ても餌を見ても、説明を聞いたところで理解はできても現実的ではないのです。こんなことを言うと否定的な発言のように思われそうですが、その地に行くことに意味があると思っています。肌で感じるみたいなことです。

もちろん産地に行くことも大事なことだとは思っていますが、その前に、肉の仕入れ先に出向いて勉強なり研修させてもらったほうが優先順位としては高いと思うのです。可能なら生産と加工を体験することが実に繋がるのではと思っています。

今年のジビーフツアー、いまから楽しみです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

消費者が求める赤身肉と肉屋が思う赤身肉との違い

赤身肉の需要が高まっている。私の周りでもサシの入った肉はちょっと無理、、、という声が年々多く

記事を読む

牛肉の常識を覆す、銀座レカン総料理長 高良シェフの挑戦

銀座レカンの高良シェフとは休業中の2年間で数えきれないほどご一緒させていただきました。ジビー

記事を読む

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言って

記事を読む

ジビーフ コーンビーフ販売開始しました

ジビーフのお問い合わせをたくさんいただきますが、いかんせん頭数が少なくご要望にお応えすること

記事を読む

有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場しかありません。そのひとつがジ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930