*

今年も開催ジビーフツアー

公開日: : 2018/05/23 ジビーフ(完全放牧野生牛)

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が開催されます。先日、東京出張の際、自由が丘でボンダボン多田さんとイベント中とのこと軽く打ち合わせで、だいたいの骨格がイメージできたかなと。あと前後していくつかイベントがありますが、その日に向けて肉を手当てしていくのがやっぱり楽しい。シェフは大変だと思いますが。

さて、イベントではないのですが、今年もシェフや食関係の方々とジビーフツアーを行います。200haの放牧地を歩きジビーフを見て、各々が何を感じるのか。そんな旅に毎回なるのですが、正直申しましてジビーフを見たからと言って劇的に何かが変化することはないと思うのです。

例えば和牛の生産者を訪ねても、牛を見ても餌を見ても、説明を聞いたところで理解はできても現実的ではないのです。こんなことを言うと否定的な発言のように思われそうですが、その地に行くことに意味があると思っています。肌で感じるみたいなことです。

もちろん産地に行くことも大事なことだとは思っていますが、その前に、肉の仕入れ先に出向いて勉強なり研修させてもらったほうが優先順位としては高いと思うのです。可能なら生産と加工を体験することが実に繋がるのではと思っています。

今年のジビーフツアー、いまから楽しみです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフの一般販売について

牛肉で僕が一番重要視しているのが「保存」です。近江牛のみそ漬けも元々は保存食です。いまでは考

記事を読む

ジビーフ『ババくん』結果は格付けB1となり少しだけ見た目の評価があがりました

金曜日に屠畜されたジビーフ『ババくん』。格付けは少しランクアップしてB1です(笑)牛肉の相場

記事を読む

目利きは肉そのものよりも生産者の人柄優先

ブラインドで味覚テストでもすれば、マグロと間違うんじゃないかと思うぐらい滑らかな赤身肉です。

記事を読む

ジビーフのわくわく定期便、その前にジビーフとは

ジビーフとの出会いは西川奈緒子さんからの手紙でした。 私は、新千歳空港から車で20~3

記事を読む

対照的な牛2頭はコザシの近江牛と赤身が詰まったジビーフ

9月14日にと畜した後藤牧場さんの近江牛(A-4)ですが、サシが細かく入っていて見るからにお

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30