*

『まなそびてらこ』子ども記者クラブの夢奏ちゃんと百々子ちゃんが取材にきてくれました

公開日: : 2019/08/10 コラム

一般の方で僕に肉の話しを一生懸命してくる人がいる。まぁいいんですが、どこで聞きかじった情報なのか持論めいたことを知ったかぶりして話してくる。こうなると、この人に僕から話すことはなにひとつない。料理人や知ったかぶりの飲食店オーナーだと戦おうとする人もいる。こういう人にはなにも教えないし、お好きなようにという態度になる。どこの世界でも同じじゃないかな。大人も子供も素直に謙虚に学ぶ姿勢が好感持てますね。

昨日は『まなそびてらこ』子ども記者クラブの夢奏ちゃんと百々子ちゃんが取材にきてくれた。数か月前から楽しみにしていてくれたらしく、事前に僕の本を読んで予備知識もバッチリ。夢奏(ゆめか)ちゃんは小6で起業した中学生社長。こういう子たちが精肉店の仕事に興味をもってくれるのは嬉しいですね。

本当は食肉センターへ連れて行って牛が殺されるところをみてもらおうかとも思ったんですが、ちょっと早いかなといろいろ考えて今回はやめておきました。子供たちの前でもぼくはあえて「殺す」という言葉を何度も使いました。食べることは生きることであり、だれかが犠牲になること。虫にも命がありますし、もちろん野菜だって魚だって命があります。魚が食べるプランクトンにだって命があります。

僕が子供の頃、おじいちゃんの家に行くと庭先でニワトリを飼っていました。食べるためにです。おばあちゃんが絞めて僕にもやってみろと言う。あのときの手の感触がいまでも忘れられない。だから肉の一欠けらも残さず食べようと思うし手を合わせて感謝する。食べるとは本来こういうことだと思うのです。

愛農高校へ入学すると一年生のときに6部門(野菜、果樹、酪農、養豚、作物)の授業を受けて2年生になると部門を選ぶ。養鶏部の実習では鶏の首をナイフで切って放血させなければいけない。つまり鶏を殺すのだ。命をいただくことの大切さを学ぶ生きた授業。愛農ナチュラルポークのおいしさはこのあたりにも関係している。

『まなそびてらこ』の子供たちがもう少し経験を積んで大きくなったら、牛が殺されるシーンをみせてやりたいと思う。そのときにこの子たちが何を思うのか。ちなみに殺されるシーンを見るのは一回だけでいい。2回も3回も見ると行為に慣れてしまう。

来月は、肉塾でも3班にわかれて牛が殺されるシーンを見学する。その前に牧場へ行くので生きた牛を見た後に殺されるシーンを見ることになる。さて、大人たちはいったい何を思うのか。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ナチュラルな流れのなかで感じたこと

メツゲライクスダ@楠田さんに作ったいただいた【テリーヌ ド ジビーフ オン ジュレ/ジビーフ

記事を読む

ブランドや格付け、生産者名で肉が売れる時代は終わりに近づいている

うちの店で格付けを気にしながら買い物されるお客様は僕が知ってる限りいないと思う。商品プレート

記事を読む

先達から学ぶ仕事への向き合い方と姿勢

弥助の大将が握る寿司を食べたいがために金沢へ行ったことは1度や2度じゃありません。残念ながら

記事を読む

どんなにいい肉であっても職人の技がなければどうしようもない

写真のランプは個体情報が示す通り、昨年の11月10日にと畜後、同月19日に当店に入荷

記事を読む

肉の味は数字では表せない、ましてや・・・

肉の味は品種(和牛とか乳牛とか)、月齢、種別(雌、去勢、経産)、格付け、飼料で決まります。が

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
保護中: ジビーフ『なおみ』そして、息子の伊藤さん、出荷の日

僕がなにを書いても陳腐な表現になりそうなので、西川奈緒子さんの投稿をそ

『公開版』Part10 格付けはおいしさの物差しではない(P68)追記

あそこの肉よりここの肉のほうがおいしいよねー、、とか、なぜ、あ

保護中: 『非公開版』Part9 日本産和牛とWAGYU追記

コピー、転用、他言無用でお願いします。 2018年9月に和牛

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031