*

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

公開日: : 2018/08/12 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という言葉は好きじゃないのですが)するみなさまと、そりゃ楽しいわけです。でも寒かった。15度ですからダウンが必要でした。

さて、ありがたいことにジビーフもタッキー(唯一の種雄)が頑張ってくれているおかげで100頭近くになりました。僕が関わった時は8頭だったので、タッキーのがんばりには頭が下がります。秘蔵の動画をGETしましたので僕と出会った際には閲覧希望とお申し付けください。激しいですよ(笑)

さすがにテレビで放映された直後のような激しい問い合わせは減りましたが、変な方からの問い合わせは相変わらずです。年間3頭程度の出荷がいまは毎月1頭出荷できるようになりました。ある雑誌で「幻のジビーフ」という見出しをつけられそうになったことがあります。毎月1頭、年間で12頭ですから「なかなか手にはいらない」と言われても仕方がありません。しかし、ロースやヒレ、ランイチのように人気部位以外でしたら、早めに予約していただければお回しできることもあります。もちろんだれかれと言うわけじゃなく、ピュアな牛ですから扱う人もピュアでなければいけません。じゃーおまえはピュアなのかと聞かれれば困りますが。

ですからジビーフは幻の肉でもなんでもなく、もっというなら世の中に出回っている牛で幻の肉なんてありません。ツチノコじゃあるまいし・・ねぇ。

それよりも、ジビーフを食べる機会がありましたら、そのときだけはピュアな心で向き合っていただき、目をつむって噛みしめてください。草の香りとともに壮大な様似の風景が浮かびます。おまえがそうしろよと言う突っ込みはやめてください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

消費者が求める赤身肉と肉屋が思う赤身肉との違い

赤身肉の需要が高まっている。私の周りでもサシの入った肉はちょっと無理、、、という声が年々多く

記事を読む

違いの分かる3種、食べ比べるとかなりおもしろい結果になります

上から、ジビーフ、阿蘇のあか牛、近江牛。格付けけはC1、A2、A3。単体で食べるのと食べ比べ

記事を読む

ジビーフ『小林くん 23ヶ月齢♂』はいつもに増して水分量多く肉は真っ赤

3月23日にお肉になってくれたジビーフ『小林くん 23ヶ月齢♂』の枝肉が届いて3日目。23ヶ

記事を読む

真夏でも真冬でも完全放牧ジビーフ

「放牧系の牛を分けて欲しいのですが」という問い合わせが多い。メールもやらないし電話もでないので、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
うを徳×サカエヤ×ワイナリー和泉屋コラボ会

明治の日本を代表する文豪、泉鏡花の『婦系図』のモデルとなった神楽坂の老

坂本(チェンチ)×新保(サカエヤ)×吉田(吉田牧場)×上田(うえと)コラボ会

うえとsalon&barで開催されたチェンチ坂本シェフと吉田さ

7月27日発売、ただいま予約受付中

流通がなければ作るしかない。しかし、この業界は新しいものは受け入れ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031