*

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

公開日: : 2018/08/12 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という言葉は好きじゃないのですが)するみなさまと、そりゃ楽しいわけです。でも寒かった。15度ですからダウンが必要でした。

さて、ありがたいことにジビーフもタッキー(唯一の種雄)が頑張ってくれているおかげで100頭近くになりました。僕が関わった時は8頭だったので、タッキーのがんばりには頭が下がります。秘蔵の動画をGETしましたので僕と出会った際には閲覧希望とお申し付けください。激しいですよ(笑)

さすがにテレビで放映された直後のような激しい問い合わせは減りましたが、変な方からの問い合わせは相変わらずです。年間3頭程度の出荷がいまは毎月1頭出荷できるようになりました。ある雑誌で「幻のジビーフ」という見出しをつけられそうになったことがあります。毎月1頭、年間で12頭ですから「なかなか手にはいらない」と言われても仕方がありません。しかし、ロースやヒレ、ランイチのように人気部位以外でしたら、早めに予約していただければお回しできることもあります。もちろんだれかれと言うわけじゃなく、ピュアな牛ですから扱う人もピュアでなければいけません。じゃーおまえはピュアなのかと聞かれれば困りますが。

ですからジビーフは幻の肉でもなんでもなく、もっというなら世の中に出回っている牛で幻の肉なんてありません。ツチノコじゃあるまいし・・ねぇ。

それよりも、ジビーフを食べる機会がありましたら、そのときだけはピュアな心で向き合っていただき、目をつむって噛みしめてください。草の香りとともに壮大な様似の風景が浮かびます。おまえがそうしろよと言う突っ込みはやめてください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今年も開催ジビーフツアー

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が開催されます。先日、東京出張の

記事を読む

ジビーフの里でみた西川奈緒子さんの雄姿と環境維持の重要さ

先日、焼肉のコースを食べさせる店へ行った。正確には連れて行かれたのだが、赤身、赤身と続いてバリバリに

記事を読む

3年前に逃げ出した母牛の子「ヤックン」がお肉になりました

ちょうど3年前、ジビーフを初めて出荷するために西川奈緒子さんが2頭の牛をトラックに乗せたので

記事を読む

ジビーフを食べる会 in 遊山YUZAN

昨夜は、大阪南船場の遊山(YUZAN)さんにて『ジビーフを食べる会』が開催されました

記事を読む

ジビーフ『いくよ』安定の格付けB2でした

ジビーフ『いくよ』めっちゃ睨んでるし、厳つすぎるやないか。さて、肉になったいくよちゃんは、厳

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
山脇りこ先生の「きょうから料理上手」がおもしろい

台湾の和牛セミナー、好評だったとお聞きしてほっとしています。料

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉

Or en Boucheゆっくりオープンしました

近所にこんな店があったらいいのになぁー。 たまに出会う10坪

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930