*

ジビーフ『ババくん』結果は格付けB1となり少しだけ見た目の評価があがりました

12919686_1023679604364392_2249389605590349704_n

金曜日に屠畜されたジビーフ『ババくん』。格付けは少しランクアップしてB1です(笑)牛肉の相場が高騰しているのはみなさん衆知のことと思いますが、特に銘柄牛を扱っている店舗は大変です。仕入れ価格も悩みの種ですが、いかんせん牛がいない。だから肉屋も飲食店も思うような仕入れができていないのが現状なのです。

問屋さんの話では、銘柄牛が揃わないのでノーブランドの牛肉と混ぜて販売しているお店が増えているとか。ノーブランドの牛肉でも、しっかり手を加えてやれば銘柄牛と遜色はありません。例えば近江牛にしたって、いくら良い牛でも、枝肉後に肉屋や料理人の扱い方次第でいかようにもなってしまうのです。混ぜていると言うと聞きようによっては誤解されそうですが、銘柄牛で販売できない価格帯はノーブランド牛で構成しているということです。例えば、100g1000円以上は近江牛で、900円〜500円のラインは価格的にも仕入れやすいノーブランド牛でという感じです。

問題は表示です。個体識別番号でさえ表示間違えしている店舗があるのに、産地表示を完璧にできるとは思えないのです。肉を見れば銘柄牛とノーブランド牛の区別がつくんじゃないかと思いがちですが、実際は見ても食べても分からないものなのです。よほどその肉に関わりがあれば別ですが、ほとんどの場合は見た目が大半を占めますので味は好みの問題でかたずけられることが多いようです。

さて、ジビーフですが肉質を見ていただければおわかりのように、ぜったい偽装できないですね。世界にたったひとつのオンリーワンは見た目も味も、そして誰が食べても、やっぱりジビーフなのです。

4月8日に入荷のジビーフ『ババくん』ですが、今回は少しだけ一般販売も考えていますのでご興味のある方はぜひ、お買い物ください。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと突き詰めた仕事をしたいと考えに考えた結果の移転なのです

なかひがしさんでジビーフ、もとい、野牛十兵衛でした。おいしいとか感動したとかではなく、しみじ

記事を読む

消費者の嗜好は霜降りから赤身肉へ

「脱霜降り」を目指した飼育を始めて10年くらいたったかな。順風満歩(帆)なわけではなくいまも

記事を読む

ジビーフを食べる会 in 遊山YUZAN

昨夜は、大阪南船場の遊山(YUZAN)さんにて『ジビーフを食べる会』が開催されました

記事を読む

ジビーフタッキーのボロネーゼ

ジビーフ種牛タッキー。他のジビーフと違ってとにかくデカイ。雌牛だらけの中に唯一の雄牛。まさしく男

記事を読む

パッソ ア パッソ有馬シェフ VS ジビーフ「やいこ」と「やなせ」

門前仲町のパッソ ア パッソ有馬シェフによるジビーフ食べ比べはかなり感動したのでした。有馬シ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031