*

愛農ナチュラル紅ポークのLボーン限定7個販売しました

IMG_8947

愛農ナチュラルポークを完全放牧で育てたいとプロジェクトを立ち上げたのは、ジビーフの生産者、西川奈緒子さんの長男で愛農高校養豚部の雄喜くんです。5頭のうち1頭は学校で使うことになり、残り4頭を私が引き受けることになりました。すでにほとんど完売しているのですが、予約取り置き分で少し販売可能な部位がでてきました。

骨付きロース2.0kgの注文を受けていたのでリブ側からカットして目方を合わせていくと、ちょうど7本(正確には8本ですが私が1本買いましたので)残りました。てことで最後の愛農ナチュラル紅ポーク、しかも骨付きLボーンを7本限定で販売させていただきます。もともと骨付きロースは未販売なのでちょっとお得かも(

さて、次は雄喜くんのお母さんのお話しです。今朝のNHKおはよう日本で放送されたこともあり、パラパラと問い合わせもいただいているのですが、本格的な出荷は9月に入ってからで既存の取引先を優先させていただきます。

とは言っても、積極的に新規の取引を求めていないこともあり懇意にしているシェフや近江牛.comのお客様にまずは口に入れてほしいと思っています。数日前に、西川さんより繁殖牛(母乳が出ないため子牛が育たない)が1頭いるのだけどなんとかしてくれないかと相談を受けていまして、まぁ、どうにかなるだろうとGOしたのですが・・・

今後のジビーフの繁殖牛の可能性を探って見たいので使い道があるかないか、エージングも試して頂きたいと思うのですが… と西川さん。しかし過去2度の実験でジビーフはエージングには向いていないということが分かっているのでフレッシュで探っていくしかないかなと思っています。

去年、畜大の研究室で実施した短角の食味試験では、処女牛よりも、7才(4~5産)~13才(10産)の方が圧倒的に美味しかったという結果がでているので多少の期待は持てそうです。

ジビーフも、若くと畜する方が良いのか?それとも北海道のアンガスを飼っている牧場の殆どがしているように、40ヶ月位おいた方が良いのか?その辺の参考にもなるのではないかと思うのです。

たまたま今回、乳が出なく子を生ませても育たない牛で、丸々と太っていて、見るからに美味しそうなので……とこれまた西川さん。

どちらにしても、乗りかかった船ですから沈まないように一生懸命漕ぎますよ。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ『ババくん』入荷してきました

昨日はジビーフ『ババくん』の入荷を見届けてから、山下シェフ×MIIKU代表宮川順子先生のコラ

記事を読む

ファイアーフォール4000×愛農ナチュラルポーク火鍋会

先週になりますが五反田のファイアーフォール4000にて愛農ナチュラルポークの火鍋会が開催され

記事を読む

ジビーフ「五日市さん」格付けB2という結果に複雑な心境も肉質はいままでで最強かも。

今回お肉になってくれたのジビーフ(五日市さんという名前だそうです) 五日市さん

記事を読む

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という言葉は好きじゃないのですが)す

記事を読む

これぞ赤身肉の決定版ともいうべき牛肉が続々入荷

一気に入荷があるともう大変!冷蔵庫が賑やかです。 これぞ赤身肉。奈緒子さんのジビーフ、全作さんのブ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031