*

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には絶えずラジオからイタリア語が流れている。それをラッセの村山シェフが解説してくれる。なんとも贅沢な食事会が始まった。

IMG_0288

IMG_0291

ジビーフのトンビだから「焼く」のかなと想像していたのですが、カスリもしませんでした。見た目はコロッケみたいですが、ステークアッシュにパン粉をつけて揚げたような感じです。料理名は「う~ん、なんだったけな」と高山シェフ。北海道つながりで大雪山の山葵がまるで雪のようです。隣で「うまいなぁー」と目をつむるマッキー牧元氏。もしかするとジビーフたちの姿が見えたのかも知れません。

IMG_0297

IMG_0299

フリウリの郷土料理JOTA(ヨータ)
愛農ナチュラルポークの背脂、ニンニク、ハーブ、燻製のリコッタチーズ・・
あとなんだったっけな。背脂がザクザク入っていたのだが甘くておいしかった。

IMG_0327

IMG_0328

IMG_0337

ジビーフのネックを煮込んだ料理(これも名前がないとのこと)
ビーフシチューみたいなのがグーラッシュ、ポタージュみたいなのがポレンタコンチャ

IMG_0301

IMG_0318

チャルソンス。餃子と見間違うほどでしたが、これが恐ろしくうまかった。じゃがいもメインで、シナモン、グラッパ、レモンの皮、松の実、レーズン、グラニュー糖、ミント、燻製リコッタ、焦がしバター・・・だったかな。

IMG_0270

IMG_0271

さて、メインから先に紹介しましたが、順序としてはまずは喉を潤してからフリッコです。カリッと香ばしくチーズ好きにはたまらないフリッコをつまみながら今日はどんな料理がでてくるのか・・・わくわくしながらカウンター越しから高山シェフに注目します。

IMG_0272

パンもモチモチしていておいしい。

IMG_0273

イワシのマリネ。骨ごとボリボリいっちゃいました。

IMG_0275

アスパラとたまご。

IMG_0287

そしてこれ。かなりおいしかったのです。

ジビーフの肉質がおもしろいほど融合する料理でした。予約して帰ろうと空いている日を尋ねると10月以降とのこと。そこまでして食べたいかと聞かれれば、もちろん食べたいに決まっている。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

シンプルな料理こそ素材力を感じる

いきなりデザートか ... と思ったのですが、いやぁー、参りました。 東京某所のイタリ

記事を読む

Bazadaise(バザス牛)短期熟成2種食べ比べにジビーフ参戦で大いに盛り上がった

手前からジビーフ、バザス牛(枯らし)、バザス牛(ドライエイジド) バザス牛(枯

記事を読む

ジビーフ『ハチロウ』も見た目と違って期待を裏切るおいしさでした

人間総合科学大学教授の熊谷修先生によると、私たちの一生を「成長」、「成熟・安定」、「老化」と

記事を読む

ジビーフ「岡さん」短編ストーリー

2月15日に屠畜したジビーフ「オカさん」33ヶ月齢 この牛の背景が短編ドラマのよう。 記

記事を読む

ジビーフと近江牛のカイノミ食べ比べはあまりにも個性が違いすぎて改めて驚いたのでした

  手前(まるさん牧場の近江牛)、奥(駒谷牧場のジビーフ)。部位はカイノミで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30