*

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には絶えずラジオからイタリア語が流れている。それをラッセの村山シェフが解説してくれる。なんとも贅沢な食事会が始まった。

IMG_0288

IMG_0291

ジビーフのトンビだから「焼く」のかなと想像していたのですが、カスリもしませんでした。見た目はコロッケみたいですが、ステークアッシュにパン粉をつけて揚げたような感じです。料理名は「う~ん、なんだったけな」と高山シェフ。北海道つながりで大雪山の山葵がまるで雪のようです。隣で「うまいなぁー」と目をつむるマッキー牧元氏。もしかするとジビーフたちの姿が見えたのかも知れません。

IMG_0297

IMG_0299

フリウリの郷土料理JOTA(ヨータ)
愛農ナチュラルポークの背脂、ニンニク、ハーブ、燻製のリコッタチーズ・・
あとなんだったっけな。背脂がザクザク入っていたのだが甘くておいしかった。

IMG_0327

IMG_0328

IMG_0337

ジビーフのネックを煮込んだ料理(これも名前がないとのこと)
ビーフシチューみたいなのがグーラッシュ、ポタージュみたいなのがポレンタコンチャ

IMG_0301

IMG_0318

チャルソンス。餃子と見間違うほどでしたが、これが恐ろしくうまかった。じゃがいもメインで、シナモン、グラッパ、レモンの皮、松の実、レーズン、グラニュー糖、ミント、燻製リコッタ、焦がしバター・・・だったかな。

IMG_0270

IMG_0271

さて、メインから先に紹介しましたが、順序としてはまずは喉を潤してからフリッコです。カリッと香ばしくチーズ好きにはたまらないフリッコをつまみながら今日はどんな料理がでてくるのか・・・わくわくしながらカウンター越しから高山シェフに注目します。

IMG_0272

パンもモチモチしていておいしい。

IMG_0273

イワシのマリネ。骨ごとボリボリいっちゃいました。

IMG_0275

アスパラとたまご。

IMG_0287

そしてこれ。かなりおいしかったのです。

ジビーフの肉質がおもしろいほど融合する料理でした。予約して帰ろうと空いている日を尋ねると10月以降とのこと。そこまでして食べたいかと聞かれれば、もちろん食べたいに決まっている。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30日の水分調整からのドライエージ

記事を読む

愛農ナチュラルポークのTボーンステーキは悶絶するおいしさだった

ここ最近、仕事が遅くなるとついつい行ってしまう...サルティンボッカ たまには、ラーメ

記事を読む

愛農高校生からおいしさを学ぶ

昨日は、農林水産省 平成26年度フードチェーン食育活動推進事業(畜産と農業を支え、人と地域の

記事を読む

愛農ナチュラルポークと大樹じゃがポーク

3月2日に高田馬場「成蔵」にて愛農ナチュラルポークのとんかつ会を開催してから1ヵ月がたった。

記事を読む

ブームの赤身肉とは一線を画した自然派の赤身肉ジビーフ

先月(9月24日から3日間)に十勝の生産者を訪ねたのですが、最終日はジビーフに会うために様似

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930