*

あと3日、ここからがさらに忙しくなるのでエンジン全開です

公開日: : 2015/12/28 雑記

20151227100726656_0001

 

今日あたりから同業者のみなさまも猛烈に忙しいんじゃないでしょうか。忙しいのはありがたいことなのですが嫌ですよね(笑)… あと3日、がんばりましょう。

しかし今年ほどやりにくい年はなかったですね。12月は昨年の仕入れを参考に計画を立てていくのですが、とにかく高騰し続けていますから読めないんですよね。仕入れ値にスライドさせて売値を変えられればいいのですが、そういうわけにもいきませんからね。農家さんが儲かっているのかといえばそうでもなく、結局はだれも得していない状況です。来年以降はスーパーなんかでも売り場が大きく変わるでしょうね。

私は新聞も読まなければ本も読みません。気になった本は買いますよ。でも、まともに読んだためしがありません。そんなことを知ってか知らずか、銀行の方がいろんな情報を持ってきてくれます。特に畜産関連のニュースは切り抜いてマーカーまでしてくる念の入れようです。

てことで、来年以降の牛肉はさらに高くなりますよ。こういうときって偽装など大きな問題がおこりやすいんですよね。安価な牛肉もたくさんでてくると思います。安く買えることにこしたことはないのですが、ちゃんとしたものはそれなりの値がするので安全なものを手に入れるには、信頼できる所から買うに限りますね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

木下さんと新しい取り組みがはじまります。ご期待ください!

  これ4年前の写真です。姿形はあまり変わっていないのですが事業内容は随分と

記事を読む

枝肉による変色について

私が若かりし頃の肉屋といえば、枝肉流通があたりまえだったのだが いまは部位別に真空パックに

記事を読む

これからの時代は「産地よりもだれから買うのか」にシフトする

牛肉を選ぶとき何を重要視したいですか?[/caption] 4月25日にきたやま南山にて開催

記事を読む

田野畑山地酪農「志ろがねの牧」のボス牛「シチロウ」肉になる

きたやま南山の元店長、春菜ちゃんの嫁ぎ先、田野畑山地酪農(岩手県)にシチロウという名前の種雄牛がいる

記事を読む

味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーでアスパラを味わう

少し前になるが、味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーに参加させていただいた。第1回目という

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28