*

ポッサムチプにてジビーフと木下牧場の近江牛

公開日: : 2015/12/01 イベント

11月29日は(イイニク)の日ということで、兵庫の焼肉『ポッサムチプ』さんにて但馬系の純粋近江牛とジビーフの揃い踏み。すばらしい宴となりました!

IMG_0178

ジビーフ『やいこ』(写真上)と『やなせ(写真下)』

枝肉吊るし40日(やいこ)とフレッシュ(やなせ)ではこんなに肉色が違うのかと写真で見比べても一目でわかります。

IMG_0187

こちらは、燻製黒ニンニク醤油でいただきました。

IMG_0194

ジビーフとは対照的な木下牧場の近江牛。木下さんが育てる近江牛は素牛が但馬なのでいわば凱旋帰国のような感じです。この日はマル(シンタマ)を使ったので、カメノコ、マルシン、マルカワのレアステーキなどなど、細分化した部位を存分に楽しむことができました。

IMG_0203

IMG_0204

IMG_0163

ヒウチの炙り寿司はこれまた絶品!

IMG_0166

IMG_0167

タンはレモンピール塩で!

IMG_0171

柚子胡椒、出汁醤油、ニンニクで味付けしたテッチャンもとろりとした食感でおいしかった!

IMG_0174

IMG_0175

ハツは黒七味ネギでアクセントをつけて。

この他にもレバー、ツラミ、ウルテ、ハチノス、肺、タケノコと内臓のオンパレードでした。

IMG_0218

すでにお腹がはち切れそうでしたが、スジの炊き込みおにぎりを3個ペロリと胃袋へ。

IMG_0219

もう終わりやろと思ったら、テール入りかすうどんの登場。参りました!

IMG_0162

載せきれないのですが、隠れメニューからデザートもあり、酒もたらふく飲んで大満足でした。しかしこんなに提供して大丈夫なの?という私の問いかけに、「良い食材を触れたことがうれしいので」と店主の笑顔が印象的でした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

タルタルだけのメニュー構成は難しかったがやってよかった

先々週の7月2日、なんとも無謀なタルタルの会が開催されたのでした。シェフは1ヶ月悩んで悩んで

記事を読む

domaine tetta × SAISIRコラボディナー

domaine tettaの高橋さんとのコラボ会は過去に神楽坂のレベル、駒沢のイルジョットと

記事を読む

虎ノ門セジールあと4日

感慨深い夜でした。10年前、あるイベントを立ち上げたときに、大変お世話になった「モランボン」

記事を読む

イルジョット×鎮守の森×サカエヤ

四谷にある『鎮守の森』は初めて訪れる方はおそらく迷うであろうという場所にある。秘密めいたその

記事を読む

生産者は自分が育てたものを食べない

(写真は、6月11日開催の肉Meets in 大分で料理を担当してくれるTacca/タッカの

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31