*

肉Meets in Collaboration×6

公開日: : 2015/06/13 イベント

O

「プロのためのフードツーリズムツアー」は、感動と感謝の旅だったのですが私的にはジビーフの里がなによりも緊張したのでした。私が育てているわけではないのですが販売を受け持っている責任と心地よい重圧のようなものを感じたのです。牛の人生(この場合、牛生とでもいうのでしょうか)を背負っているわけですから命がけとまではいいませんが生半可な気持ちではやれないのです。

ジビーフは自然に生えている牧草だけで育ち人間の手を介さないのですが、水も同じく喉が渇けば川に流れる水を飲むのです。すべてが自然まかせなのです。ディズニーランド5個分の放牧地には四季折々の牧草が自生しています。これらすべてがジビーフたちの血となり肉となるわけです。

7月8日と10日に東京と京都でジビーフを食べる会が開催されます。すでに募集は締め切っていますが、ジビーフは8月から毎月1頭づつの出荷があります。ご興味のある飲食関係者の方はサカエヤまでお問い合わせくださいませ。

さて、少し先の話になりますが、11月18日にきたやま南山にて「肉Meets in Collaboration」なるイベントを開催します。内容はこれから詰めていきますが、サカエヤの研修生による成果発表を兼ねておりまして、研修生が捌いた肉をプロが料理するという趣向です。まだ正式な募集はしていませんがこちらもご興味のある方はサカエヤまでお電話もしくはこちら()からお申し込みください。追ってご連絡させていただきます。

★参加メンバー
・Le14e 茂野眞シェフ(フレンチ)
・大鵬 渡辺幸樹シェフ(中華)
・IL DENTE DI LEONE 関シェフ(イタリアン)
・ethelvine 江上さん(ワイン)
・南山 江口さん、岡田さん
・サカエヤ 新保、中村

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第一回「肉Meets」いよいよ今週に迫りました。

第一回「肉Meets」の料理から、近江牛のテールと田淵農園の冬野菜のスープ[/caption]

記事を読む

ワイナリー和泉屋の新井治彦氏とコラボした近江プレミアム牛を食す会

スペインワインの大家、ワイナリー和泉屋の新井治彦氏とのコラボイベントが先斗町の佐曽羅EAST

記事を読む

共創

韓国で流行っている三角地チャドルバギ。 私が食べてもおいしいと感じるが、肉質的に日本では受

記事を読む

代官山蜜香と愛農ポークのコラボレーション

「SP肉祭り詰合せ 予約販売のお知らせ」 蜜香は先月10周年を迎えまして、11年目に突入いたし

記事を読む

テーマは吉田牧場、ブラウンスイス牛に悪戦苦闘中

いよいよ今週、某所で開催されるイベント。テーマは「吉田牧場」僕が依頼されたのはメインの肉。シ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930