*

枝肉吊るしでおいしく仕上がる方法

公開日: : 2015/03/22 熟成肉, 近江プレミアム牛

11069872_839251312807223_2555601407265100614_n

写真は近江プレミアム牛ですが、3月5日に冷蔵庫に吊るして16日目。せめて今月末までは吊るしておきたかったのですが、某シェフが骨付きのままゆっくり使いたいとのことなのでリブとサーロインを切断して送りました。徐々においしくなっていく肉質なので食べ頃に伺いたいと思います。

吊るしは私が修行時代から行っていた方法で、枝肉世代の肉屋さんから見ればなにをいまさら的な感じだと思います。ただ、近年の牛肉事情は圧倒的に枝肉流通が減少し、真空パック流通が主体となっているので、ある意味新しい技法といえるのかも知れません。

むかしの肉はおいしかったが今の肉はおいしくないとよく言われます。私もそう思っている1人です。飼育方法が変わったということも大きな理由の1つですが、なによりも肉屋が枝肉を仕入れて自店で骨を外さなくなったのが大きな原因だと思います。枝肉が主流だったころは、普通に冷蔵庫に吊るして適度に水分を抜きながら使っていたわけです。そのときはあたりまえだったので特別なにも感じることはなかったのですが、いま思えば理にかなっていたのでしょうね。

牛肉のおいしさには水分量が関係するわけですが、たとえば熟成肉を例にとると、肉の中には「結合水」と「自由水」がありますが、熟成に必要なのは自由水です。肉に風をあて湿度を調整しながら自由水を蒸発させて肉の表面に微生物を付着させます。微生物が活性化するには水分が必要ですから霜降り肉より水分が多い赤身肉が向いていると言われるのはそのためです。ただ私の経験では、水分量が多すぎても微生物はつきにくく、逆に少なすぎると旨味に欠けたりと、このあたりが経験と知識、そして個体差を見極める眼が必要なのだと思います。

吊るしの話に戻りますが、ドライエージングビーフも枝肉吊るしもカテゴリーとしては熟成です。違いは肉に風を当てるか当てないか。強制的に微生物を付着させるのか自然にまかせるのか。このあたりですが私は少し変わったやり方をしています。ちょっとここでは書けませんが水分の抜き方がポイントです。

うまく水分が抜けると食べたときの余韻がピュアな赤ワインのようになるのです。もちろん個体差によって出来上がりにバラつきはありますが、あ、部位によっても違いますね、あと火入れにもよります。すべてのタイミングが合致しなければ100にならないので、70とか80あたりを常にキープできるようにしたいですね。

そういえば先日、税理士先生に牛の原価を聞かれたのですが、正直わからないときがあります。枝肉を仕入れたときの原価はわかりますが、そこから手をかけていくので原価なんてわからないんです。だいたいこれぐらいかなぁ、って感じでやってますからね。経営者としては失格ですが27年潰れずになんとか会社は存続しているので帳尻は合ってるのでしょう。なんて呑気なことを言ってたらまた税理士先生に怒られそうですが(笑)

でも、いいものを作りたいと思うと数字を意識しすぎるとできないんです。一応頭はよくないですが社長ですし利益をあげて数字を残していかないとダメなのですが、お金が好きな社長にはなりたくないなぁと常々思ったりします。売り上げより内容かな。

さて、明後日はLe14eで肉Meetsです。通常営業ではださないあれこれ特集です。5月はパリで肉Meetsやりますが4月が予定なしです。ご希望のシェフがいましたらご一報ください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

クリスマスから年末年始はお肉を食べて元気でキレイになろう

今日はクリスマス。ステーキのご注文が多い日でもあります。昨年と違うところは熟成肉のご注文が圧

記事を読む

熟成は独自性の行き着いた先であり、正解も不正解もなくおいしさの追求だと思います

どういう状態かと言うと、リブロースを吊るしています。熟成庫に入れて5日目ですが、写真のように

記事を読む

no image

明日から販売 鹿児島県産の再肥育した経産牛40日間熟成肉

  A4以上の近江牛はドライエージングに向いていない、つまりサシが多い肉はな

記事を読む

熟成肉いろいろと仕上がっています

8月29日に開催する「肉Meets in 高知スルラクセ」で使う土佐あかうしのロースを熟成庫

記事を読む

熟成肉について日経新聞に掲載後、テレビでも

先週の日経新聞に掲載されたことで問い合わせや取引依頼が少しあった。興味を持っていただけることはすごく

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30