*

金儲けをしたいのか、中身をキッチリやりたいのか。

公開日: : 2015/03/15 雑記

IMG_3304

マル(シンタマ)はモモの一部ですが、「モモ=赤身」だと思われている方が非常に多くいらっしゃいます。ロースやバラ(カルビ)が霜降りでモモは赤身。ざっくりだと間違いではないのですが、評価の高い牛(格付けでいうところのA4とかA5)のモモにはサシが入りやすく、もちろん部位にもよりますが、例えば写真のマルは、全体的には赤身ですが、ヒウチと呼ばれる一部分にはサシが入るのです。一般的な用途としては焼肉用として使うことが多いのですが、私はあまり好ではないのでカレーに入れたりします。商売的には焼肉やステーキ用として販売するほうが利益がとれるのですが、私の好みを基準に考えるとカレーなのです。金儲けをしたいのか中身をキッチリやりたいのか・・・私は後者をがんばります。

ところで、少し前の話しなのですがLe14e(ル キャトーズィエム)でオーベルニュの生産者、パトリック・ブージュ()と出会いました。彼のワイン造りの背景を知り共感し、それからというものは彼のワインが気になるのです。ワインそのものも好みなのですが、そこにパトリック・ブージュが語ったことや彼の顔が浮かぶわけです。8のおいしさが10になりついつい自宅のセラーにもパトリック・ブージュのワインが増えていくのです。

IMG_3317

造り手を知るということは、その商品の背景まるごと食べるということだと思うのです。ちょっと的外れかも知れませんが、スタッフに仕事を教えるとき、作業しか教えない場合と背景や思いを伝えながら作業も教えるやり方とでは育ち方が違ってくるのです。

なぜこの肉を使うのか、どのような流通経路でいまこの肉はここにあるのか、生産者はどのような思いで牛を育てているのか。こういった背景を伝えることでスタッフ間の思いも1つになり私がなにを考えているのかがクリアになると思うのです。

パトリック・ブージュとほんの数時間会って話しただけでもその後のワイン選びを意識するのですから、働く人の気持ちのありようがお客様の満足度を左右するサービス業において「思いを伝える」ということは日々の作業をするうえでとっても大切なことだと思うのです。

金儲けをやりたいのか、中身をキッチリやりたいのか。私は後者をがんばります。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

とかち帯広での農商工連携セミナーは座談会で楽しく講演会で熱く

1月14日にとかち帯広にて開催された十勝“食農”繁盛塾は多様性と可能性を探る講座を5回に渡っ

記事を読む

生産者と消費者を結ぶサイト

昨日アップした牛肉の「シコリ」についての記事は、 社員向けだったので削除しました。 たくさんの「

記事を読む

完全放牧のアンガス牛、まずはサルティンボッカの木村シェフが挑戦

サルティンボッカの木村シェフが作った放牧アンガス牛のチマキ(スネ肉)のローストビーフは、笑っ

記事を読む

霜降り肉と赤身肉の2極化、さてあなたはどっち派

京都ホテルオークラで開催された「信州プレミアム牛肉」の発表会に参加してきた。 京都食肉

記事を読む

柔らかいだけが高級な肉じゃないということ

いままでまったく興味がなかったホルスタインの肉ですが、骨付きLボーンでおいしくなるコツみたい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930