*

サイエンスキュイジーヌを体験

公開日: : 2014/04/25 グルメ

photo2

世界中から料理人が教えを乞うために訪れるというその店は、いや、店ではなく実験室といったほうが正しいかも知れない。私はUFOに拉致されたかのごとく後部座席に座り右に左に山を超え谷を超え、行きついたところは高松市郊外の田んぼの中の一軒家だった。もう一度行けと言われれば間違いなく行くことができない自信がある。

迎えてくれた先生は、近江牛.comで何度も購入してるよ、、といきなりの先制パンチ。いやはや失礼しました。さて、アシスタントの女性2人を従えて料理が始まりました。

まずは、アシスタントの女性が机にサランラップを敷き詰めた。いったい何が始まるのか見当もつかなかったのだが、「皿という概念を壊したかったのです」と言うと、香草入りマヨネーズソースで絵を描き、花が飾られ見事にテーブルが鮮やかになった。

photo3

ステーキのソースが秀逸で、目を閉じて味覚を集中させても何が入っているのか分からなかった。どのように伝えればいいのか私のキャパをはるかに超えているので表現さえできないのだが、もずくが入っていたのには驚いた。

全18種類料理は、約3時間30分に渡って私たちを驚かせた。しかし、料理を味わうというものではなく、ここはヌーベルキュイジーヌであり、料理人たちがヒントをもらえる場であり、そして私たちは料理の奥深さを知り、料理人はやっぱりすごいなと・・・そんな貴重な体験をしたのでした。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

沖縄のジャッキーステーキ

経済産業省中小企業庁委託事業、情報モラル啓発セミナーに登壇するため 3日間を沖縄で過ごした

記事を読む

やくけっちゃーので斬新焼肉

席に案内してくれたスタッフ(女性)が、「うちのシェフの料理はすごいんですから」と堂々

記事を読む

期待以上の火入れで余韻が果てしなく続いています

最近の出張はデジイチ重いのでiphoneでの撮影が多くなってきた。[/caption] 仲良

記事を読む

料理通信第5回全国お宝コンテストでジビーフが世界に自慢したい9品に選定

今朝の情報番組でやってた近大マグロの図。稚魚を東洋冷蔵が買って育った成魚をツナ・プリンスとし

記事を読む

南草津のイタリアン サルティンボッカの近江牛ステーキ

写真は、南草津駅前にあるイタリアンの超繁盛店、サルティンボッカの木村オーナーシェフです。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930