*

ワインメーカーズ・ディナー でドミニク・フーバーと

公開日: : 2014/03/16 イベント

photo1

私は普段から喜怒哀楽を表情に出さないので、たまにガッツポーズをするとこのように猫ニヤンニャンになってしまう。なんともな写真で掲載している場合ではないのだがドミニク・フーバーとのせっかくの1枚なので記念にということで。

ドミニク・フーバーは、スペインの銘醸地、D.O.Ca.プリオラートからテロワール・アル・リミットのオーナー兼醸造家で、父親は肉屋だそうだ。何をしゃべっているのかさっぱり分からなかったが、通訳の佐武さんがそう教えてくれた。

この日は、ワイナリー和泉屋の新井さん主催のワインメーカーズ・ディナーだったのだが、生産者の話しを聞きながら飲むワインはいつも以上においしかった。次回の来日にはドライエージングビーフを食べようと約束したのだが、ドミニクのワインと木下牧場の近江プレミアム牛をコラボさせたらどうなるのか、、、想像しただけでもわくわくしますが、5月20日(火)に京都先斗町の佐曽羅 EASTで「新井治彦 × 新保吉伸 in 佐曽羅 EAST」を開催します。時期的に納涼床ですね。ご興味のある方、どなたでも参加OKなのでお待ちしてます。

さて、スペイン語はまったくわからないが、彼の発する言葉からは葡萄にかける愛がすごく伝わってきた。話しが少々長いが日本語ではないのでストレスを感じなかった。参加者全員が耳を傾け、時々笑い声がするので、おそらく言葉が分かる参加者ばかりだったのだろう。なんともレベルが高い。言葉が理解できないのは辛かったがとりあえず頷きと笑顔だけは絶やさなかった。

この日、私が一番感心したのは、だれよりもおいしくワインを飲んでいた主催者の新井さんと生産者のドミニクだ。自分が造ったワインに酔いしれ、自分が輸入したワインを絶賛しながら飲む姿はよほどの自信であり、商品環境を熟知しているからだろう。産地を何度も訪れていることも大きな裏付けであり、なによりも自分が選んだワインを参加者が愛おしく飲んでいる姿はたまらなくうれしいだろう。

私が選んだ肉をもっと知ってほしい。そしておいしいと感じた方たちにもっとすばらしい肉をたくさんオススメしたい。そんな想いが強くなったワインメーカーズ・ディナーでした。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

7th 肉Meets in Clementia(クレメンティア)は大雨の中、大盛況だった

1皿ごとにワインを合わせて丁寧に産地や生産者のこと、特徴を伝えるエーテルヴァインの佐々木くん

記事を読む

3月と4月のイベントはごく身内的な肉Meetsになります

まずはイベントのお知らせです。3月にLe14eにてちょっとおもしろいことをやります。パリから

記事を読む

共創

韓国で流行っている三角地チャドルバギ。 私が食べてもおいしいと感じるが、肉質的に日本では受

記事を読む

プロのためのフードツーリズムツアー in 北海道

<行程表> ■6月7日(日) 9:30 帯広空港着(集合 ANAは8:45着) *レンタカ

記事を読む

イルジョット×鎮守の森×サカエヤ

四谷にある『鎮守の森』は初めて訪れる方はおそらく迷うであろうという場所にある。秘密めいたその

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930