*

「ぷれいごちゃんを食す会」は限定50名、12月18日開催です

公開日: : 2013/11/26 イベント

IMG_2079

クレメンティアの田淵オーナー・シェフお得意の牧草焼き。毎回サプライズな肉料理で楽しませてくれる。次は内臓料理を極めるそうだ。ということで、今日も内臓が入荷してきたのですがイマイチおすすめできないのでしばらくお待ちくだくことに・・・で、そのクレメンティアで驚いたことがありまして、9月4日(水)に開催した「7th 肉Meets in Clementia(クレメンティア)」にて参加者の1人、プレーゴのオーナー・シェフ岡さんがクレメンティアの田淵シェフの兄弟子だったという事実。しかもお2人の師匠は私の知り合いだったという事実。他人様にはどうでもいい話ですがちょっとビックリでした。

さて、岡さん率いるプレーゴは滋賀で3店舗を展開するイタリア料理のお店ですが、こちらもまた木下牧場さんや野菜農家さんの背景をまるごと料理してくださるとっても素敵なレストランなのです。

3頭目となる「近江プレミアム牛」が12月5日にお肉になるのですが、当時プレーゴスタッフ研修時に産まれたので「ぷれいご」と命名されたのです。※女の子なのでひらかな表記になります。男の子は漢字表記です。

そして、12月18日(水)にプレーゴの全店舗が総力を決して「ぷれいごちゃんを食す会」が開催されることになりました。詳細はこれから詰めていきますが、ご興味のある方はぜひご参加いただければ幸いです。申込み方法はお店に直接電話していただければOKです。

アニバーサリーPREGO(
滋賀県大津市真野5丁目34−23
077-574-0001

一般的にはあまり知られていませんが、日本の畜産はいまや米国産などの輸入飼料に頼らなくては成り立たないのが現状です。もちろんそれが悪いとは言いませんがBSEや口蹄疫など畜産に関わる事件や問題が起これば必ず疑われるのが輸入飼料というのも見逃せませない事実なのです。

ならば国産飼料で育てればいいじゃないか?!

と思われるでしょうが、それができないのがいまの日本の畜産事情なのです。私たち畜産に携わる者にとっては、そりゃできれば国産飼料で健康に育った牛肉を消費者に届けたい、自分たちもそうやって育った牛肉を食べたい。子供たちの未来を考えれば顔の見える飼料で牛を育てたい。

とはいっても理想と現実は違うもの。畜産農家からすれば、なにを甘いことを言ってるんだ、牛を飼って生活するということはおまえが思っている以上に大変なんだぞ。とお叱りを受けそうですが、まったくその通りで反論の余地もありません。例えば、牧草飼育にしても、米国やオーストラリアでは広大な飼料土地があるから成り立つわけで、現実問題として日本では牧草地を確保できないのです。このように牛を飼うということは大変なのです。

穀物相場が上がれば輸入飼料に頼っているわけですから、経営が苦しくなります。かといって安価な飼料を使えば肉質に影響をおよぼす。簡単に国産飼料といっても揃えられないし仮に揃ったとしても輸入飼料の数倍の価格では経営が圧迫されてしまう。もちろん消費者にお届けする販売価格もそれにひっぱられるわけです

2年前、プレーゴの岡さんとスタッフのみなさんが木下牧場さんへ研修に来たとき1頭の子牛が産まれました。記念にと「ぷれいご」と名付けました。このとき環境保全型畜産の取り組みに加えて果敢にも国産飼料で近江牛を育てる取り組みをスタートしていたので「ぷれいご」も国産飼料で育てることにしました。人気(?)のサシが良く入ったA5の牛肉にはならないけど、病気することもなく、自家産の粗飼料と県内産の酒粕や淡海酢などを食べて元気にすくすくと育っていきました。

最近ではペットのことを伴侶動物と言うそうですが、かたや肉牛は食肉となる運命にありますから経済動物です。だからこそ私たちが丁寧な仕事をして笑顔と感謝の気持ちで食べてあげることが一番の供養になると思うのです。

私たちの取り組みは、フードアクション・ニッポンアワード2010において優秀賞を受賞しております。賞をいただいたからえらいわけでもなんでもありません。ただ、まわりの生産者から陰口たたかれながらも勇気をもってチャレンジしている木下牧場さんにとっては少しでも理解して認めていただいたという自信に繋がったことは間違いありません。

プレーゴの岡さんの計らいで「ぷれいごちゃんを食す会」を12月18日に開催する運びになりましたが、当日は木下牧場のみなさんも参加します。もちろん私も参加です。生産者を目の前にして食せる喜びは、昨今問題になっている偽装や誤表示問題とはまったく無縁の世界です。

ぜひ、みなさまにとっての新しい発見のお手伝いができればと思っております。50名限定となりますのでご興味のある方はぜひご参加を心よりお待ちしております。

アニバーサリーPREGO(
滋賀県大津市真野5丁目34−23
077-574-0001

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステー

記事を読む

イタリアンで糖質オフ フルコースで糖質17.4gはすばらしい

昨日は久しぶりの休日ということもあり、AM9時からジムに入り 筋トレと有酸素運動、そして3回目とな

記事を読む

肉Meets&肉 MIIKU in 愛と胃袋 親子料理教室

タイトルのどおりですが、日本味育協会さんが99%、肉Meetsが1%の割合で開催された親子料

記事を読む

放牧アンガスの熟成ロース、まずまずの仕上がりです

9月11日に開催される【IL GIOTTO高橋直史 × 駒谷牧場 放牧アンガス牛を食す会 in きた

記事を読む

ポッサムチプにてジビーフと木下牧場の近江牛

11月29日は(イイニク)の日ということで、兵庫の焼肉『ポッサムチプ』さんにて但馬系の純粋近江牛とジ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年10月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031