*

黒毛和牛「経産牛」熟成肉、本日より再販しています

公開日: : 2013/08/10 熟成肉

2013-08-09 20.27.27-1

さて、仕事も終わったし帰りにサルティンボッカに寄ってワインでも飲もうかなと思っていたら、クロネコから電話が・・・

もう帰りますよね、荷物降ろし忘れてたのですぐに行きます、待っててください・・・。だって

長崎の綾部さんからだった。箱を開けると花房和牛のサーロインとモモが入っていた。同梱の血統書を見ると、平成10年生まれで私の好きな北国7の8だ。

2013-08-09 20.32.17-3

ワインモードに肉が加わり、となればサルティンボッカに持ち込んで木村シェフに焼いてもらうしかない。満席で慌ただしく料理を作っている木村シェフに肉を焼いてくれなんて言いだしにくい状況ではあるが、持ってきてしまったものはどうしようもない。もちろん嫌な顔1つせず焼いてくれた。逆に珍しい肉に興味津々といったところだ。

カウンターからじっくり焼き方を観察すると、まずは肉を立てて脂面から火を入れる。ひっくり返して骨のついていた側面に火を入れる。次いで断面に火を入れ、裏表に焦げ目がついた頃に網をひいたフライパンに移動、フライパンに水を入れて今度はオーブンへ。蒸し焼きの状態でじっくり熱を入れるわけだ。

2013-08-09 21.12.47-2

感想としては、以前に食べた綾部さんの花房和牛のほうが断然おいしかった。経産牛でも再肥育しているので肉質は柔らかくて問題ないのだが、少し水分を含みすぎていた。前回はドライエージングで肉を追い込んで水分をとばした分おいしくなったのだと思う。もちろんフレッシュでも十分おいしかったのだが、ドライエージングさせたほうが、味わい深く綾部さんの肉の良さが引き出せるのではないかと感じた次第です。

うちの熟成庫はなんでもかんでも菌が付くわけではなく、たとえば、近江牛の赤身が強いA3以下の肉や経産牛などはキレイにカビが生えるのだが、ホルスタインや短角牛はうまくいかないことが多い。

長らく売切れていた黒毛和牛「経産牛」熟成肉、本日より再販しています(→クリック

ところで、来週からテレビと雑誌の取材が立て続けに入っていてちょっとバタバタしそうなのだが、メインは近江牛であり熟成肉なのだ。しかし、ある程度の説明はできるのだが、科学的に検証できていないところは説明しにくい。

先に書いたように、菌がうまく付く肉とそうでない肉があり、その原因を聞かれたところで肉に聞いてくれとしか言いようがない。ただ私が思うには、肉も人と同じように個性があって長所をうまく伸ばすことができればよりよくなるのではないかと思うのです。

私は熟成肉のことをお話しする時に「育てる」という表現をよく使います。通常は屠畜後、枝肉の状態で約10日程度冷蔵庫で寝かせてから肉になるのですが、熟成肉はここからさらに40日以上、専用庫で熟成させていくわけです。風と温度と湿度、菌をコントロールしながらおいしくなるように育てていくわけです。

コツなんてありません。すべて勘です。もちろん経験もあるでしょうが、だいたい肉をみればどうなるか、どうしてほしいのか分かります。長く肉を触っていると肉の癖がわかるようになるのです。別に私だけが特別じゃないです。肉の職人はみなそうだと思います。

私は人を育てるのはヘタクソですが、肉を育てるのは結構うまいほうだと思っているのです。

今日で40日目の経産牛の熟成肉、上手に育ちましたのでよろしければ(

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛を熟成させるには大ザシより小ザシで枝重も400kgまでがベスト

熟成肉ブームも完全に落ち着き、踊らされず巻き込まれず信念をもって黙々とやってきたところが残っ

記事を読む

豚肉の熟成についての検証結果

豚肉はと畜してからどれくらいまで個体のおいしさが持続するのか。真空パックにせずに枝肉から骨付

記事を読む

注目のドライエージングビーフ(熟成肉)いよいよ全国放送へ

来年の1月にあるテレビ番組で木下牧場の特集が組まれることになった。 木下牧場の「牛肉」

記事を読む

熟成は独自性の行き着いた先であり、正解も不正解もなくおいしさの追求だと思います

どういう状態かと言うと、リブロースを吊るしています。熟成庫に入れて5日目ですが、写真のように

記事を読む

熟成期間が長い肉はオーブンでじっくりがオススメです

ここ最近は、スキレット(鉄のフライパン)で揚げるように焼く「揚げ焼き」にハマっていたのだが、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30