*

祥瑞のステークフリットは外はカリッと中はサクサク

公開日: : 2013/08/02 グルメ

IMG_0036

六本木の祥瑞で食べるステークフリットはどうしてあんなにうまいんだろう。メインの前にまずは泡で喉をスッキリさせてからブッラータとトマトのサラダをいただく。次にブーダンノワールにフランス産の鴨、そして昨夜は牛のハツ(写真)が登場!これがじつにうまい。写真はぼけてるが味は最高だ。

ステーキは鹿児島県産の経産牛熟成肉だ。調理担当のノブさんの指定もあって限りなく赤身のロースを探した結果、経産牛に行きついた。ただし、そのままでは肉量がとれないので生産者に1ヵ月の再肥育をお願いしている。屠畜後、枝肉になった経産牛をドライエージングするのだが、これが本当にうまい!Le14eのシゲさん仕込みの外はカリカリ、中は少し赤身が残る絶妙な火入れが抜群だ。

さて、今月はテレビや雑誌の取材が結構あって身動きしずらい。もちろん、なんでもかんでも引き受けているわけじゃないので楽しみではあるのだが、本業がおろそかにならないように気をつけないといけない。取材の中で久しぶりにホルモンの話題を振られた。最近は熟成肉の取材ばかりなのでホルモンとは意表をつかれた。ということで、今日はホルモンの話。

牛一頭(枝肉)を仕入れたら内臓(ホルモン)も含まれていると思っている方が多いのだが、実際には牛一頭仕入れても内臓は含まれない。屠畜した段階で、枝肉と内臓は別ルートで流通されていく。牛は、農家で飼われているときから耳票によって管理され、枝肉から精肉になってからもトレーサビリティで履歴を追跡できる。

しかし、内臓は古くからの商習慣が関係していることもあり、業界の方でも理解しにくいところがある。それと、牛肉の場合、生産履歴が確認できるのだが、内臓は履歴を追えない。

たかが内臓といえども、やはり信用のできるところから購入するのが安心だ。間違っても食べ放題などで安価な内臓はうかつに手をださないでいただきたい。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

瓢亭の京懐石は1つ1つに物語があった

インターネットがつないでくれたご縁は数知れないが 牛肉がつないでくれたご縁は、同等、いやそ

記事を読む

草食なかひがし

最近はほんとにカメラを持ち歩かなくなってしまった。 画質は落ちるがiphoneで事足りるこ

記事を読む

ビーフシチューに脂ののった牛バラ肉

たまにだがビーフシチューが無性に食べたくなる。 自分で作るには少々手間なので、どうして

記事を読む

くずし割烹のメインは黒毛和牛のサーロイン

もう何年前になるだろう・・・ 10年、20年・・ たぶんそれぐらいかな。

記事を読む

ビステッカ・アルティジャーノがついにオープン金沢から世界へ向けて

倫敦屋の戸田マスターが1年半かけて作りあげた「ビステッカ・アルティジャーノ」が2月12日オー

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31