*

東京2日間、感じたことは心のサービス

公開日: : 2013/04/04 雑記

六本木の祥瑞にて近江牛リブロースの熟成肉

六本木の祥瑞にて近江牛リブロースの熟成肉

この日の祥瑞も開店から満席だった。TUBOさんとKENKOUさんが忙しく店内を動き回り、ノブさんが肉を焼く。3種類の肉の塊を板に乗せてTUBOさんがお客さんに説明する。肉の塊にはそれぞれのグラム数が表示されている。これが圧巻だ。

私を含めた友人4名で800gの肉を焼いてもらった。外はカリカリに中はレミディアムレアで揚げるように焼くセヴェロ風だ。抜群にうまい。すぐに400gを追加。ビオワインのチョイスもさすがだ。

昼間は東京ビッグサイトで開催されている食肉産業展を見て回ったのだが、あまり参考になるものはなかった。事前にチェックしていたいくつかのお目当てブースも正直拍子抜けした感じがして残念だった。熟成肉を展示していた企業もあったがこちらはかなり微妙だった。

それよりも初日にしては客数が少なく感じた。あまりにも見るものがなかったので、早々に会場を後にして、同時開催の「第16回ファベックス2013」をはじめデザート&スイーツ&ドリンク展などを見て回った。こちらは人も多くて賑わっていた。

なによりも驚いたのは、食肉の大手企業が食肉産業展ではなくこちらに出展しているではないか。人が集まるところに出展するというセオリーではあるが、ターゲットを切り替えたということだろう。

説明しなければこれが経産牛とはだれも信じないだろう

説明しなければこれが経産牛とはだれも信じないだろう

2日間東京に滞在して感じたこと、そして確信したことが1つある。

これからの小売業は、どこで買うかよりもだれから買うか。
そして、一歩先のサービスがお客さんの心を動かすのではないだろうか。

 

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

身体に効く牛肉が支持される時代

恵比須ガーデンプレイス内にあるジョエル・ロブションにて。左から世界一のメートル ドテル宮崎辰さん、

記事を読む

「安売り」と「お値打ち」は違うのだ。

こんにゃく米で作った糖質オフのリゾット これがおいしい!とにかく涙がでるほどおいしいのだ。

記事を読む

だれに嫌われるか

うわーっ、わしが小さいときに食べたすっきゃき(すき焼き)の味や!うまい、うまいわ。涙出てくる

記事を読む

「健全な牛肉」について考えてみる

産まれたばかりの子牛だ。 牛舎に備え付けの監視カメラの映像をパチリとやったもの。 ブ

記事を読む

大晦日は熟成肉を食べながら紅白をみます。今年も1年ありがとうございました。

  今年はドライエージングビーフの認知度が上がり、問い合わせや商品としての引

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930