*

高騰しているのは牛肉だけではなく内臓も同じくで上質な内臓を食べる機会が少なくなる

公開日: : 2016/05/09 雑記

IMG_0878

素牛不足から子牛価格が高騰し、当然ながら枝肉価格も高騰で小売値を上げざる得ない状況が続いています。生産者は、飼料価格高の問題もあり、また導入した子牛が肉牛に育った頃の相場に不安を覚えながらも牛舎を空けるわけにはいかず悩ましいことだと思います。唯一の救いは枝肉価格が高騰を続けていることぐらいかと。しかしこれもいつまで続くやらです。

私たち肉屋が直面しているのは枝肉の高騰であり、数年前と比較すれば3~4割は高くなっています。とはいうものの小売価格を頻繁に変えるわけにはいかず、耐えに耐えて踏ん張って、あぁーもう限界だというところでようやく価格改定をするわけです。値上げってお客さんも嫌でしょうが店側も辛いんです。

肉が上がれば中身も上がるというわけで、内臓が高い!ホルモンは放るもんやと言ってた時代は遠い昔のことです。今はへたすりゃ肉より高いのが牛の内臓です。しかも欲しくても手にはいらない。輸入牛のものならいくらでも手に入りますが、国産の、それも銘柄牛の内臓となればよほどのルートがない限り新規では無理でしょうね。

だから、内臓をコンスタントに仕入れられている店は、ぜったいにその仕入れ先を離してはいけないのです。在庫がダブっていても無理してでも仕入れるべきが内臓なのです。しかも長年の付き合いがある仕入れ先とは信頼と信用で成り立っている場合がほとんどだと思われますので、仕入れ値が高くても儲からなくても使い続けたほうが内臓を扱う以上は現状はやむを得ないと思うのです。ホルモン料理の店は辛いですが・・・

内臓は牛肉のようにトレーサビリティがないからやろうと思えばデタラメができてしまうのです。だからこそ仕入れ先と長年に渡って築いてきた信頼関係で成り立っているのが言い換えれば内臓の世界であり流通なのです。

高騰続きで驚くような仕入れ価格の内臓ですが、いまは価格ウンヌンよりも上質な内臓が仕入れられることをありがたく思わなければいけないのかも知れません。逆に新規で内臓を扱う予定の店は仕入れ先に苦労されることでしょう。

当店にも定期的に入荷はありますが、年々その入荷数は減りつつありますし、既存の取引先だけで手一杯な状況なのです。

ここにきて、内臓の問い合わせが何度かありましたのでざくっと書いてみましたが、ここ最近は、牛肉相場の高騰で価格の問い合わせが多くあります。おそらくどこも値上げで少しでも安価な仕入れ先を探しているのだと思いますが、ハッキリ申し上げてどこも同じです。質が問題であれば新しい仕入れ先を開拓するのも納得できますが、価格だけであれば新しい仕入れ先が見つかったとしても長く続かないように思います。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

健康の秘訣は牛肉を食べること

私の知り合いで、毎日お肉を食べているという方がおられます。 御年、87歳 奥様曰

記事を読む

田野畑山地酪農「志ろがねの牧」のボス牛「シチロウ」肉になる

きたやま南山の元店長、春菜ちゃんの嫁ぎ先、田野畑山地酪農(岩手県)にシチロウという名前の種雄牛がいる

記事を読む

木下さんと新しい取り組みがはじまります。ご期待ください!

  これ4年前の写真です。姿形はあまり変わっていないのですが事業内容は随分と

記事を読む

30年ぶりの天王寺、繁盛店から学ぶ

何年前になるだろうか、何かの雑誌で見た大阪天王寺の焼肉店。 一回行ってみたいと思いつつもそ

記事を読む

料理通信第5回全国お宝コンテストでジビーフが世界に自慢したい9品に選定

今朝の情報番組でやってた近大マグロの図。稚魚を東洋冷蔵が買って育った成魚をツナ・プリンスとし

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28