*

ご要望は備考欄へ、できる限りお応えさせていただきます

公開日: : 2012/05/20 近江牛

_N7K1768.JPG

かなり前の話なのでうろ覚えなのだが、ビール会社の方と話す機会があった。

コンビニやスーパーに設置されている冷蔵ケースには各メーカーのビールが入っているが
置き場所によって売り上げが変わってくる。

冷蔵ケースの正面に立ったときの目線をウルトラゾーン(だったかな)といい
この場所にビールを置いてもらうための営業努力が大変なんだとか。

とまぁ、こんな感じの話だったのだが、

キリンが好きな人は、場所がどこであれ探してでもキリンを買うのかと思えば
そうじゃないらしい。

もちろんそういう方もいるだろうが、私のように銘柄にこだわりがなければ
目の前にあるビールをとるかも知れない。

当店(実店舗)の冷蔵ケースは、肉屋にしては縦長でアイテム数は80以上ある。
肉屋の方には分かると思うが、かなり大きなケースで業界でいうところの〝もり〟が大変なのだ。

品揃えは、3タイプに分類して毎日の天気をみながら調整、対応している。

切り落としやカレー用の角切りなどは、「ほっといても売れる商品」

熟成肉みそ漬けは、「店が売りたい商品」

近江牛超吟撰ロースすきやき用(100g4,200円)近江牛超吟撰サーロインステーキ(100g3,150円)は
頻繁には売れないけどないと困る商品。

「ほっといても売れる商品」は、普段使いの商品で、ミンチなども該当する。
ドライエイジングで熟成させた近江牛熟成肉は、霜降り肉、赤身肉とは異なる新しい牛肉として
「店が売りたい商品」に分類される。

100g4,200円のすきやき用は、近江牛専門店として看板を掲げている
当店の〝顔〟ともいえる商品で、毎日大量に売れるわけではないのだが
「ないと困る商品」ということになる。

当店では、生産者直結の仕入れにより部位買いではなく、一頭仕入れをしているため
このように3タイプに分類しながら商品構成をしている。

ビールと同じように、配置場所も重要で、すきやき用などスライスものは上段、
ステーキや焼肉用を中段、ミンチや加工品は下段、これを基本として季節や時間、
天候によって変更していくのだ。

一方、サイトではアイテム数をかなり絞り込んでお客様が欲しいものを迷わずに
買い物できるような仕組みを心がけている。

実店舗との大きな違いは、実店舗ではあらかじめ切りおきして陳列している商品を
ご購入いただくのだが、サイトからの注文はすべてオーダーカットになる。

つまり、注文ごとに切りわけ、備考欄に好みを書いている場合は
できる限りの要望に応えさせていただいている。

例えば、肉1枚の大きさであり、厚さであり、サシの多さ、少なさ・・・
といった具合である。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

藤井さん違い

先週はフランスにいたので枝肉の買い付けができず、知り合いの問屋さんに一頭だけ買い付けてほしい

記事を読む

安全性の追求と赤身肉

  本日より販売を開始した国産牛熟成肉(モモ肉)のステーキだが、10時に配信

記事を読む

ブランドを背負った経産牛はしっかり説明しないとクレームにつながったというお話

セリ場である問屋さんと話していたときのこと。「近江牛のイメージは細かいサシが入っていて柔らか

記事を読む

ル・ルビーで肉とワイン会

私の昔からの福岡在住の友人&INUWine梅田さんの友人でコラボ会。愛農ナチュラルポ

記事を読む

「森本繁生」食卓へ

2年半前、(株)こきょうの森本繁生氏が当店にやってきた。 せっかくなので、生産現場を見ても

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930