*

赤身肉の価値観

公開日: : 2012/03/20 雑記

422049_338167229562594_1096388844_n.jpg

宮崎日南水産に熟成肉を持ち込んで焼いてみたが、これがけっこう旨くて
普通に焼いても熟成肉特有の香りと柔らかさが堪能できた。
ただ、ステーキ肉のように分厚くカットした場合だと、やっぱり弱火でじっくり焼くほうが
うまいだろう。(写真は、梅もんじゃけんぼー農園のやいちん撮影)

ところで、サイトでは熟成肉が一昨日より売切れ状態となっている。
昨年の販売より、スムーズに売切れすることなく販売できていたのだが
ここ最近の注文殺到により、ついに品切れとなってしまった。

欲しい方には大変申し訳ないが、3月30日には、ドライエイジングで仕上げた熟成肉が
40日を迎えるので翌日の31日から出荷できる予定だ。(→クリック

さて、昨日は、びわカン(BBCびわ湖放送毎週金曜日0:20~、関西一円j:comでは毎週土曜日20:00~)
のロケだった。
半年に渡ってお送りしてきた熟成肉の特集が次週の放送で最終回をむかえる。
今回は、実際に召し上がっている方に感想を聞こうとダイニングMOOにて突撃インタビューを行った。

運よく、通常の近江牛と熟成肉の食べ比べセットをオーダーした2組のお客さんに
お話を聞くことができた。

近江牛のステーキはもちろんおいしいのだが、熟成肉のほうがあっさりとしていて食べやすい
といった感想をいただいた。

ついでに、店内で飲食しているお客さん全員に、霜降り肉vs赤身肉のアンケートをとってみた。
全員、赤身肉が好みという結果には少し驚いたが、これが現状なのだ。

生産者や流通業者は、いまだにA5信仰が強く、それをあおるようにマスコミも
サシのたっぷり入った肉の特集をやったりするが、じつは消費者の求めているのは、
A5よりA4であり、A3あたりの赤身肉に趣向が傾いているのだ。

番組的には、見栄えのする霜降り肉がインパクトがあって構成しやすいだろうが
本当のところ、消費者(特に女性)は意外とドン引きなのかも知れない。
私の友人なんかは、グルメ番組で霜降り肉が登場するたびに気持ち悪くなるらしい。

とまぁ、まだまだサシ重視の日本だが、年々霜降り肉は食べられなくなり
食べるなら「赤身肉」という方が増えつつあるのも事実だ。

しかし、まだまだ赤身肉の価値が低く、引き取り先が少ないのが現状だ。
値段がつきにくく、生産者もサシ重視の肥育に重点をおかなければ経営が成り立たない。

もっと赤身肉に価値を見出し、生産者も販売者もしっかりと利益がとれる仕組みが作れれば
今以上においしくて健康的な牛肉が世にでまわることになるのだが。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

茅乃舎から学ぶ、わざわざ田舎へ来ていただくために

福岡県粕屋郡久山町にある自然食レストラン茅乃舎(かやのや)へ行ってきた。 「茅乃舎だし」が

記事を読む

蟹の話、エシカルについて考えてみる

いつも行くイタリアンのお店で必ず頼むのが、海の幸カルパッチョだ。 これが抜群にうまくて、こ

記事を読む

より身近に、そんな店であり続けたい

立ち上げた頃の近江牛.comのトップページだ。 ネット上のアーカイブからひっぱってきたので

記事を読む

味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーでアスパラを味わう

少し前になるが、味覚教育を行う「MIIKU」のセミナーに参加させていただいた。第1回目という

記事を読む

プライオリティの決め方

先日、京都のステーキ店にて熟成肉の試食会を行った。 以前より、店のオーナーや料理長と懇意

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
近江牛考

たまに会社のHP経由で見積もり依頼がありますが、見積もりほど労力に見合

わくわく定期便3万円

「わくわく定期便」のコースは、5980円、9980円、1980

ジビーフ128か月齢の背景にあるものは

先日、屠畜したジビーフ2頭。まずは、『いよりん(←牛の名前)』

→もっと見る

  • 2021年4月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930