*

公開日: : 2020/11/07 未分類

テレビをつけながらデスクワークをしていたら、車いすバスケの藤井郁美さんがでていた。乳がんを含めた3回の大病を乗り越えて自分が輝けるのは、車いすバスケだという内容だったが、僕がまとめた感想ではとても伝えられないほど、凄い覚悟と生き様に泣けてきた。

そんなときに限って電話がかかってくる。ドロワの森永シェフです。「昨夜のお客様、むかし吉田牧場さんのチーズを個人買いしていたのだが、いつしか買えなくなってしまって、今日、こうしてチーズだけではなく、お肉まで食べられて、しかもこんなにおいしくて感動しました」とウルっとされていたとのこと。さらに、手当てした人にありがとうと伝えといてほしいと言う内容でした。

ちょっとタイミング的にヤバイやないか。なんとか堪えましたが、僕の仕事って好みの問題もあるので評価は人それぞれ。特に僕は一般に流通していない牛ばかりを扱っているので比較対象がない。だから圧倒的なおいしさと未知の感動、そんなことができればいかなと悩みながらやってるのですが、料理してくれるシェフに感謝、僕に肉を託してくれた吉田牧場さんに感謝です。僕が料理するわけでもサービスするわけでもないので最後はレストランの仕事になるのですが、僕にまで気を向けてくれたお客様に僕こそありがとうと言いたい。

僕がやる手当ては自分でも特殊だと思っています。見えない部分なので評価されにくい仕事ですが、プライドもってやっているのでシェフからそんなふうにお客様からの言葉を伝え聞くとついつい嬉しくて自慢たらしく書いてみました。お目障り失礼しました。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら松阪牛、兵庫県なら神戸牛という

記事を読む

好きなことを突き詰めるとこうなるのかと

変態レベルを超越した変質者レベルの南崎さんのワイン会が昨夜も開催された。今回はスペインのファ

記事を読む

お肉を食べて元気に!ダイエットにも効果あり

牧草の香りがして、大自然の中で短角牛が草を食べている姿が・・・[/caption]

記事を読む

フランス・ジャポン・エコー誌の取材はまさかの通訳なしだった

フランス・ジャポン・エコー(France Japon Éco)の編集長、レジス・アルノーさん

記事を読む

熟成肉の次回販売は今週末から

立命館大学びわこ・くさつキャンパス開設20周年記念企画BKCサンクスデーに「ホルそば」焼きに行っ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031