*

公開日: : 2020/11/07 未分類

テレビをつけながらデスクワークをしていたら、車いすバスケの藤井郁美さんがでていた。乳がんを含めた3回の大病を乗り越えて自分が輝けるのは、車いすバスケだという内容だったが、僕がまとめた感想ではとても伝えられないほど、凄い覚悟と生き様に泣けてきた。

そんなときに限って電話がかかってくる。ドロワの森永シェフです。「昨夜のお客様、むかし吉田牧場さんのチーズを個人買いしていたのだが、いつしか買えなくなってしまって、今日、こうしてチーズだけではなく、お肉まで食べられて、しかもこんなにおいしくて感動しました」とウルっとされていたとのこと。さらに、手当てした人にありがとうと伝えといてほしいと言う内容でした。

ちょっとタイミング的にヤバイやないか。なんとか堪えましたが、僕の仕事って好みの問題もあるので評価は人それぞれ。特に僕は一般に流通していない牛ばかりを扱っているので比較対象がない。だから圧倒的なおいしさと未知の感動、そんなことができればいかなと悩みながらやってるのですが、料理してくれるシェフに感謝、僕に肉を託してくれた吉田牧場さんに感謝です。僕が料理するわけでもサービスするわけでもないので最後はレストランの仕事になるのですが、僕にまで気を向けてくれたお客様に僕こそありがとうと言いたい。

僕がやる手当ては自分でも特殊だと思っています。見えない部分なので評価されにくい仕事ですが、プライドもってやっているのでシェフからそんなふうにお客様からの言葉を伝え聞くとついつい嬉しくて自慢たらしく書いてみました。お目障り失礼しました。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

渡邊理奈シェフ×石井まなみシェフ コラボディナー

へなちょこ男子より女性のほうがええわ!これからは女性やで!、、、そんな声をよく聞きますが、第

記事を読む

売れない理由は商品価値が伝わっているかどうか

エーテルヴァイン江上さんのイベント、完熟ナイトで茂野シェフが作った北海道のどろ豚ソーセージは

記事を読む

no image

3日間の密着取材

滋賀から岡山、そして京都と3日間の密着が終わり、あとは東京での撮影を残してひとまず終了。きっ

記事を読む

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもしなくても流行っている店がある。

記事を読む

「肉が本来持っている味と香り」を超えない手当てと超える手当て。

味が短調な肉はあっさりしているが変化がないので食べ飽きる。なのでフレンチの技

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31