*

肉屋で働くのではなくサカエヤで働くということ

公開日: : 2020/11/10 未分類

肉の仕事がやりたくて肉屋で働いている人っているのだろうか。料理の世界なら、調理師学校をでて、将来は自分で店を持ちたいとがんばってる子をたくさん知っています。でも、肉屋で働きたくて応募してくる子は悲しいかないないと思う。ましてや将来肉屋をやるのが夢なんです。なんて子はいないでしょう。

いたとしても、代々続いている老舗肉屋の跡継ぎくらいじゃないかな。それだけ肉屋に魅力がないとしたら、それは僕も含めて先人たちの責任も少しはあるんじゃないかと思ったりもしますが。

先日、ある会で隣席の大先生の言葉が刺さりました。
「良いレストランは若い子をやめさせない。」

サカエヤの話をします。いまいる子たちに、将来どうするの?って聞いたことがあります。みな口を揃えて肉屋になりたいと即答でした。サカエヤの子達は肉屋で働くために入社してきたのではなく、サカエヤで働くことに意味と目的を持って入ってきています。なのでやめない。

先の話の流れから、だからサカエヤは良い会社だと自慢しているわけではありません。辞める子はとっとと辞めて行きます。目的を持って働いている子とそうじゃない子が一緒に働くことができない環境だからです。
ゆるくて楽しく働ける環境ならだれも辞めないかも知れませんが、僕はそういうなかで仕事をしたくないので、あくまでもワンチームにこだわりたい。

いつだったか、僕がSNSに「農家さんの子供たち(外部の跡継ぎ候補の方も含め)て働きたい方がいたら僕が預かります。ただし23歳までで、最低3年は勤めていただきます。それが条件です」という内容のことを書きました。

それを見て畜産関係で働いているという23歳の女子が連絡してきたのです。サカエヤのこと、僕のことは随分調べているようでした。ただ、求人募集ではないことと、農家の子ではないので連絡するのに勇気がいったとのことです。結局、悶々とする毎日にいてもたってもいられなくなり連絡してきたのです。うちに来る若い子はこのパターンが多い。

何度かやりとりしながら様子を見ていたのだが、言葉使い、文章力も問題なく、なによりも礼儀正しかったこともあり、10月11日に那覇で面接したのでした。離島に住んでいるその子はコロナの影響で島外へでられず規制が緩んだ10月11日に僕が出向いて那覇空港で面接したのです。

サカエヤの近くに住まいも決まり、昨日から研修に入っています。12月から正社員として働きますが気持ちのある子なので、真っ直ぐに育てばいつの日か業界に新しい風を吹かせられのではないかと期待しています。
島から出たことがない子なので、慣れるまで大変だと思いますが、店やイベントなどで見かけることがありましたら声かけてやってください。よろしくお願いいたします。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Le14eでパリ仕込みの進化形ステーキを堪能

先週は濃厚すぎる1週間だったので書ききれなかった記事を少しづつアップしていきます。18日の夜

記事を読む

その店にあった肉を用意するということ

虎ノ門でポップアップ中、何人かの方に取引のお話をいただきました。シェフであったりマネージャーみたいな

記事を読む

真空パックの肉と捌きたての肉の違い

2枚の写真は同じ部位(ソトヒラ)ですが違いが分かりますか? 牛肉に関わる仕事を

記事を読む

お手間とらせ酢で作った野菜の酢漬けはロース系の箸休めに最適

たまに中華料理が食べたくなるのだが、いわゆるこってり系が苦手なので、京都の岡崎にある創作中華

記事を読む

1/24北海道オークリーフ牧場からホワイトヴィール(乳飲み仔牛)が入荷しました

フランスで見た牛肉で圧倒的に印象に残ったのがホワイトヴィール(乳飲み仔牛)です。正直言って和

記事を読む

新記事
旧記事
noteご覧ください

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年8月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031