*

肉を焼くのは経験かセンスか

公開日: : 2020/05/15 熟成肉

毎日のように肉を焼いてます。僕の場合は完全に試食と自己満足レッスンですが、仕事として肉を焼いている人いますよね。いわゆるシェフと呼ばれている人たちです。でね、上手、下手ってどうしてもあるんと思うのです。上手、下手という表現もどうかとは思いますが、そこはボキャッブラリーが足りないのでお許しいただくとして、上手なシェフに限ってこう言うんです。

肉がいいですから、僕はなにもしていません。

って。

じゃー、肉が良ければだれが焼いてもおいしくなるかと言えば、そんなことはないですよね。仮にですよ、毎日のように焼いていたら上手になるのか、というと、ならないと思うのです。もちろんコツみたいなものを掴んで上達はすると思いますが、それだったら、みんなイチローになれますからね。

技術というか腕というか、そういうの全部ひっくるめて、肉焼きは「センス」だと思うのです。盛り付けもセンスじゃないですか。バースデープレートなんかセンスの見せ所みたいなものです。

ラフィナージュ高良シェフのZOOM講座で習った焼き方で熟成肉を焼いてみました。ポテトは焦げてしまいましたが、うまく焼けるとテンション上がりますね。

これは揚げ焼きですが、自分なりにうまく焼けました。肉を焼くのは楽しいのですが、個体差だけでなく脂質や厚みなど、何度焼いても難しい。毎日のように焼いていますが、肉焼きはスポーツと感覚的には同じですね。そして、やっぱりセンスです。

ちなみに、サカエヤの肉を使ってもらっているシェフたち、みんないい顔してますよ。みなさん、そろそろ営業再開の準備に入っていますが、いま全国で35店舗の飲食店とお取引させていただいてます。少なくて驚かれますが、多い少ないではなく、僕が納得のいく仕事ができる最大が40店なのです。400店も500店もあれば物流になってしまいますし、把握しきれないです。いまスタッフも増えて分散すれば増やすことは可能ですが、性格上、難しいですね。なので、新規の取引希望で来店くださるのはありがたいのですが、既存の取引先だけで十分幸せです。

てことで、いまから肉焼きます。僕はどうもセンスないようです(笑)

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

鹿児島県産「経産牛」40日熟成のソトモモ3kg追加販売

私的には「ソトヒラ」と呼んでいるのだが「ソトモモ」のほうがわかりやすいかな。牛の後ろ脚のモモの外側

記事を読む

シチロウの骨付熟成肉の公開脱骨作業

シチロウのリブロース断面、放牧で草を主食にしてだけあって赤身が強い。[/caption] シ

記事を読む

驚くほどあっさり、そして旨味がたっぷりの経産牛の熟成肉

65ヶ月齢の近江牛@後藤牧場(手前)、北海道産交雑種のランプ(奥)[/caption] H1

記事を読む

no image

明日から販売 鹿児島県産の再肥育した経産牛40日間熟成肉

  A4以上の近江牛はドライエージングに向いていない、つまりサシが多い肉はな

記事を読む

熟成肉のTボーンステーキ

BSEの条件緩和により検査対象が48ヶ月齢になったわけだが、それに伴い米国産の牛肉を見かける

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031