*

ジビーフタッキーのボロネーゼ

公開日: : 2020/04/10 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフ種牛タッキー。他のジビーフと違ってとにかくデカイ。雌牛だらけの中に唯一の雄牛。まさしく男の憧れハーレム。しかし、実際はどうなんだろう。

舎飼いの牛は人口授精だが、ジビーフは本交と言って、読んで字のごとくなんですが、体力がいると思うんです。しかも並大抵の体力では大勢を相手にできない。タッキーのように絶倫じゃないとハーレムでは生きていけないんです(笑)

いままでみなさんにご購入いただいたり、レストランで食べたジビーフはすべてタッキーの子供たちです。これから出荷するジビーフもあと何十頭かはタッキーの子供たち。精力も体力もまさに種牛になるべくしてなったタッキーでしたが、肉はね、時間かけて手当てしないと難しいんですよ。ここからが僕の仕事だと楽しみにしていたのですが、デカすぎて北海道から一部骨付きで運んでこれかなったのです。そうなると熟成できない。

結局、骨付きでまともに運んでこれたのはロースとヒレだけでした。コロナで厳しいなか、今回もずっとジビーフを応援し続けてくれているシェフたちが買い支えてくれた。自分たちも休業中でしんどいのに。ラフィナージュの高良シェフ、ピヨッシュの林さん、藤吉の岡さん、愛と胃袋の信作シェフ、ロースヒレ以外の部位はミンチにして、みなさんに買っていただき、それでも、まだまだ、タッキーはデカすぎ。メゼババの高山さんへ、らんとね藤田くんへ、そして、シャルキュトリを作ってもらうためにメツゲライクスダの楠田さんへ。まだある。どんだけデカいのか。残りはセジールの溝口シェフにラグーソースを作ってもらった。

9.6㎜サイズで太く挽いてタッキーを感じていただければとミンチゴロゴロのラグーソースが完成した。麺は富士麺ず工房の波夛さんにタリアテッレをお願いした。

※富士麺ず工房さんに100食分お願いしたのですが、ラグーソースが200できましたので、タリアテッレ100食分はセジールで作ったものとなります。どちらのタリアテッレが入るかは・・・それも楽しみのひとつとしてご了承ください。

麺を湯がいてソースを温めて、それだけでセジールのメニューにある本格的なパスタができあがる。これなら普段料理をしない方でも簡単だし、タッキーの生命力を味わってもらえる。

どれくらい売れるものなのか分からないので、100食限定で販売させていただきます。三日間連続で食べましたが飽きなかったので、みなさんにも気に入っていただけると思います。

冷凍なので、すぐに食べなくても大丈夫です。ストック用としても便利ですよ。

http://www.omi-gyu.com/fs/omigyu/saisir_pastasource/3p05

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

完全放牧野生牛(ジビーフ)の最近のお気に入りの場所!

この場所は、お母さん牛が人間を含めた外敵から身を潜めて仔牛を生む場所でもあります!山と山の谷

記事を読む

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

ジビーフとは… 西川奈緒子さんからの手紙

私は、新千歳空港から車で20~30分位のところに位置する長沼町で、稲作農家の三女として生まれました。

記事を読む

肉をおいしくするには庫内環境と呼吸です

10日前に入荷したジビーフ(台風直後の地震でしたがジビーフ72頭はなんの影響もなく元気です)

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930