*

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

公開日: : 2019/01/20 イベント

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(アールオンブーシュ)で僕が手当てした肉5種類とナチュールワインの会が開催されました。

いつだったかの雨の日。際コーポレーションの中島社長と食事して、品川のホテルまで送ってもらう途中、いつもはぐだぐだとたわいもない話をしているのですが、この日は珍しく仕事の話し。大箱ばかりではなく10席ぐらいのビストロやってくださいよ。まともな肉だすビストロを。新保さんさぁ、閉めてる店はいくつかあるけど人がいないよ、人が・・・ていう感じの話しでした。

その後、閉めてる店で小さいのがあるから見に行こうとなって、雨降る中、おじさん2人が深夜に窓越しに店内を覗き込む姿はかなり怪しかったに違いない。このとき僕は一人のシェフが頭に浮かんだ。IKU青山でシェフをやってた河村さんだ。パリで8年間シェフをやっていたのだが、当時のIKU青山の社長に気にいられて久しぶりに日本に帰ってきたのだがIKU青山は半年ほどで閉店してしまった。河村シェフに連絡したらお手伝いみたいなことをしているというので、お誘いしたという経由なのです。

さて、この日は僕が手当てした肉5種類を食べ比べるという会。肉のみで余計なものは一切なし。参加者全員が5種類の肉を完食すべく、肉選びからワインのマリアージュまでかなり悩んで決めたのでした。こういう場合に大事なのは、食べる順番です。そこを間違えると最後の肉まで辿り着けずという悲しい結末に・・

まず一皿目は愛農ナチュラルポーク

2皿目、和牛経産40日熟成サーロイン

3皿目、近江牛イチボ

4皿目、十勝若牛30日熟成

5皿目、近江牛ヒレ

おかげで参加者皆さん、見事に完食、早々に第2回が開催される模様です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食語りの会 in 愛と胃袋

以前よりすごく気になる人がいて、その人は着物の営業マンで全国飛び回っていて、87kgで食生活

記事を読む

近江牛の内臓をイルジョット高橋シェフが料理するとこうなった

今年最後の肉Meetsはイルジョットで締めくくりました。イタリアンの天才シェフが繰り出す内臓

記事を読む

イルジョット×鎮守の森×サカエヤ

四谷にある『鎮守の森』は初めて訪れる方はおそらく迷うであろうという場所にある。秘密めいたその

記事を読む

料理マスターズブロンズ賞受賞のロレオール伊藤シェフが短角牛の熟成肉を料理する

農林水産省「料理マスターズ」ブロンズ賞の受賞者が発表された。 昨年が第一回目で、アルケッチャーノの

記事を読む

木下牧場フェアの反響はすごかった!

当店の陳列(ショーケース)は忙しい。 今日は朝から寒いなぁ、と感じた日はすき焼き用の肉

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031