*

生産者は自分が育てたものを食べない

公開日: : 2014/04/11 イベント

rphoto2

(写真は、6月11日開催の肉Meets in 大分で料理を担当してくれるTacca/タッカの吉川シェフ)

こういった小さな店のオーナーシェフって休憩時間に仕入れに行ったり、休日は産地に出向いて食材と向き合ったり、とにかく365日24時間料理のことで頭がいっぱいな感じなのです。私が知ってる料理人だけなのかも知れませんが、いや、そんなことはないと思います。

さまざまなレストトランで食事をいただき、お話しを伺うと、現場はけっこう泥臭かったりするんです。万年人材不足でバイトのやりくりに追われ、それでもお客さんのためにおいしい料理を作り、しかも、食材に惚れ込みすぎてまったく儲からない。

自分が産地で見つけてきた食材だから愛してやまないわけですよ。お客さんがおいしいって喜んでくれればなによりうれしいのです。それが料理人だと思うのです。

だから、こういった料理人が作る料理はほんとうにおいしい。ちゃんと目利きする眼も持っているし舌もある。

特に牛肉の場合は、生産者は自分で育てた牛肉を食べていない人が多いですからね。ある肉牛生産者なんて牛肉は高いから家ではもっぱら豚肉か鶏肉です。と真顔で言うんですから終わってますよ。

だから、牛肉も魚も野菜も果物もしっかりと目利きできる人から買うことが私は正しい買い物だと思うのです。と、まぁ、あくまでも私個人的な意見ですけどね。

イベント情報はこちらをご覧ください(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

うを徳×サカエヤ×ワイナリー和泉屋コラボ会

明治の日本を代表する文豪、泉鏡花の『婦系図』のモデルとなった神楽坂の老舗「うを徳」。『婦系図』の中に

記事を読む

坂本(チェンチ)×新保(サカエヤ)×吉田(吉田牧場)×上田(うえと)コラボ会

うえとsalon&barで開催されたチェンチ坂本シェフと吉田さん、そして僕のコラボ会。上田さ

記事を読む

らんどね空と海1周年記念食事会

福祉施設「らんどね空と海」に行こう行こうと思いながら数か月前にようやく行くことができた。千葉

記事を読む

7th 肉Meets in Clementia(クレメンティア)は大雨の中、大盛況だった

1皿ごとにワインを合わせて丁寧に産地や生産者のこと、特徴を伝えるエーテルヴァインの佐々木くん

記事を読む

肉Meets in Collaboration×6

「プロのためのフードツーリズムツアー」は、感動と感謝の旅だったのですが私的にはジビーフの里が

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31