*

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言ってもしれてますが)すごくいい感じです。枝肉のままじっくり育てたいと思います。

一週間お休みをいただきフランスのアルザスやブルゴーニュ、そしてパリと素晴らしい出会いと学びの日々を過ごさせていただきました。

アルザスとブルゴーニュではワインの生産者と会い畑や醸造所を見学させてもらい、僕が日頃から感じていることや疑問に思っていることを確認することができました。僕はワインを仕事にしているわけではないので液体については正直わかりません。友人のインポーターたちがなぜこんなにもワインに、そして造り手に夢中になれるのか、以前から不思議だったのですが、現地を訪ねてようやく理解ができました。なんとなくは分かっていたのですが、造り手そのものがワインであり魅力であり、なによりも言葉に嘘がなくそれが人間力として強烈なんだと肌で感じることができました。

アルザスでもブルターニュでもパリでも、毎食牛肉とワインばかりでしたが、牛関連の牧場へは一度も行きませんでした。正直なところ日本人の肉屋がフランスの牧場へ行ったところで得るものはないというのが僕の考えです。時間の無駄とまでは言いませんが、それならば市場や街の肉屋へ行き、レストランで肉を食べるほうが勉強になります。私は牛飼いじゃないので牛より肉なのです。

ですが、例外もあります。今回フランスに行った目的の一つでもあり、ブルターニュで絶滅しかかった牛を復活させた日本人女性の願いもあって、なんとかその方が育てている牛の肉を日本へ輸入できないかとアテをつけるためです。ただ、年に4頭の出荷なのでビジネスとはほど遠く悩ましくはありますが、かなり楽しみでもあり進捗がありましたらこちらで報告していきます。

どちらにしても、この牛もジビーフも近江牛を含む和牛もホルスタインも・・私の好きな生産者が育てた牛を責任をもって肉にし、そして私が好きな料理人に使ってもらえたらもの凄くワクワクしますし、これこそ求め目指すところの本望なのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

ジビーフの一般販売に関しまして

ジビーフの一般販売に関しまして、たくさんの方からお問い合わせをいただいておりますが、今回入荷

記事を読む

ジビーフ種牛タッキー×メツゲライクスダ

経産牛は価値がないから本来なら捨てられてた運命、とか言う人いますが、それはひと昔前の話。捨て

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31