*

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言ってもしれてますが)すごくいい感じです。枝肉のままじっくり育てたいと思います。

一週間お休みをいただきフランスのアルザスやブルゴーニュ、そしてパリと素晴らしい出会いと学びの日々を過ごさせていただきました。

アルザスとブルゴーニュではワインの生産者と会い畑や醸造所を見学させてもらい、僕が日頃から感じていることや疑問に思っていることを確認することができました。僕はワインを仕事にしているわけではないので液体については正直わかりません。友人のインポーターたちがなぜこんなにもワインに、そして造り手に夢中になれるのか、以前から不思議だったのですが、現地を訪ねてようやく理解ができました。なんとなくは分かっていたのですが、造り手そのものがワインであり魅力であり、なによりも言葉に嘘がなくそれが人間力として強烈なんだと肌で感じることができました。

アルザスでもブルターニュでもパリでも、毎食牛肉とワインばかりでしたが、牛関連の牧場へは一度も行きませんでした。正直なところ日本人の肉屋がフランスの牧場へ行ったところで得るものはないというのが僕の考えです。時間の無駄とまでは言いませんが、それならば市場や街の肉屋へ行き、レストランで肉を食べるほうが勉強になります。私は牛飼いじゃないので牛より肉なのです。

ですが、例外もあります。今回フランスに行った目的の一つでもあり、ブルターニュで絶滅しかかった牛を復活させた日本人女性の願いもあって、なんとかその方が育てている牛の肉を日本へ輸入できないかとアテをつけるためです。ただ、年に4頭の出荷なのでビジネスとはほど遠く悩ましくはありますが、かなり楽しみでもあり進捗がありましたらこちらで報告していきます。

どちらにしても、この牛もジビーフも近江牛を含む和牛もホルスタインも・・私の好きな生産者が育てた牛を責任をもって肉にし、そして私が好きな料理人に使ってもらえたらもの凄くワクワクしますし、これこそ求め目指すところの本望なのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛肉嫌いの子供が食べた肉はまさかのジビーフだった

今年は、「熟成肉」や「塊肉」「赤身肉」のキーワードをたくさん目にしました。いろんなところで牛

記事を読む

ジビーフの一般販売に関しまして

ジビーフの一般販売に関しまして、たくさんの方からお問い合わせをいただいておりますが、今回入荷

記事を読む

ジビーフの里は出産ラッシュ!

今年は3/31を皮切りに、4月に3頭の仔牛が生まれ、いずれも女の子。うれしー、とばかりは言ってら

記事を読む

ジビーフ「次郎」入荷しました

日本が世界に誇る和牛。和牛の交雑種が世界中で作られているWagyu。ややこしいのでひっくるめ

記事を読む

12才のお母さんジビーフはちょっと訳ありですが、草の香りがする優さしい味わいです

今回、12才になるお母さん牛がお肉になってくれたのですが、足の悪い繁殖牛だったため、モモが3

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031