*

フランスからリムーザン牛入荷

公開日: : 2018/01/19 肉牛の品種

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛は、現地での屠殺から冷蔵庫での保管方法、期間など細かく指示し、その結果、驚くほど肉質が変化し、抜群の状態で骨付き肉が届きました。バザス牛より優れているはずの今回入荷のリムーザン牛は、輸入業者任せなので状態は悪くはないのですが、バザス牛に劣ります。肉を見て、適切な処置をして、手当てした段階で逆算してみると、この肉はどうしてやったらいいのかが見えてきます。まかせっきりはダメですね。

牛を殺して肉にするまで、いったいどれだけの人が関わっているのか。食べるのは一瞬なのに。陸上の100mに似てるんですよね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東海大学農学部で育った阿蘇のあか牛が入荷してきました

熊本で地震が発生したのが、2016年4月16日ですから今日入荷した阿蘇のあか牛はまさしく体感

記事を読む

宮崎のおやっさんが送ってくれた156ヶ月齢の経産牛を吊るしとドライエイジドで。

出産を経験したお母さん牛を“経産牛”と言うのですが、未経産の牛に比べると、サシや旨み、柔らか

記事を読む

赤身肉が揃いました。和牛をここに入れるのはどうしても違和感があります

これぞ赤身肉。それぞれに個性があります。と畜からの時間経過によるダメージがみられたり、フラン

記事を読む

仕上げ方のことなる赤身肉3種

牛肉の仕入れで一番大事なのはなんだと思いますか? 僕は仕入れたあとの「管理・保存」だと思っ

記事を読む

あか牛を訪ねて熊本へ

先月末、2日間の定休日を利用して熊本へ行ってきました。目的は東海大学と橋村さんの「阿蘇のあか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
リムーザン牛をおいしくするために

約2年間、リムーザン牛とバザス牛を使い続けてきました。ある方に

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんで

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031