*

フランスからリムーザン牛入荷

公開日: : 2018/01/19 肉牛の品種

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛は、現地での屠殺から冷蔵庫での保管方法、期間など細かく指示し、その結果、驚くほど肉質が変化し、抜群の状態で骨付き肉が届きました。バザス牛より優れているはずの今回入荷のリムーザン牛は、輸入業者任せなので状態は悪くはないのですが、バザス牛に劣ります。肉を見て、適切な処置をして、手当てした段階で逆算してみると、この肉はどうしてやったらいいのかが見えてきます。まかせっきりはダメですね。

牛を殺して肉にするまで、いったいどれだけの人が関わっているのか。食べるのは一瞬なのに。陸上の100mに似てるんですよね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

希少な乳牛3種の食べ比べは京都きたやま南山にて絶賛行列中!

きたやま南山にて現在販売中の『希少』な乳牛三種。タイミングが良ければ三種の食べ比べができるか

記事を読む

フランス産のバザス牛にチャレンジ

フランスで食べる肉と日本で食べるフランス産の肉はまったくの別物。フランスなど欧州産牛肉は月齢

記事を読む

赤身肉が揃いました。和牛をここに入れるのはどうしても違和感があります

これぞ赤身肉。それぞれに個性があります。と畜からの時間経過によるダメージがみられたり、フラン

記事を読む

岡山吉備高原・吉田牧場さんのブラウンスイス牛3頭がお肉になります

【吉田牧場さんのブラウンスイス】 岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全

記事を読む

異なるサーロイン3種の仕上げ方

今朝のテレビで天然砥石を採掘して包丁の用途に応じて仕上げていく方が紹介されていましたが、僕が

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
料理人と食材の相性

って重要だと思うのです。良い食材だからおいしい料理ができるでは

ユッケ、タルタル、生食について

ここ最近、何軒かのレストランで食事したときにメニューに堂々とタ

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031