*

フランスからリムーザン牛入荷

公開日: : 2018/01/19 肉牛の品種

フランスからリムーザン牛が入荷してきました。前回入荷のバザス牛は、現地での屠殺から冷蔵庫での保管方法、期間など細かく指示し、その結果、驚くほど肉質が変化し、抜群の状態で骨付き肉が届きました。バザス牛より優れているはずの今回入荷のリムーザン牛は、輸入業者任せなので状態は悪くはないのですが、バザス牛に劣ります。肉を見て、適切な処置をして、手当てした段階で逆算してみると、この肉はどうしてやったらいいのかが見えてきます。まかせっきりはダメですね。

牛を殺して肉にするまで、いったいどれだけの人が関わっているのか。食べるのは一瞬なのに。陸上の100mに似てるんですよね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

希少な乳牛3種の食べ比べは京都きたやま南山にて絶賛行列中!

きたやま南山にて現在販売中の『希少』な乳牛三種。タイミングが良ければ三種の食べ比べができるか

記事を読む

岡山・吉田牧場からブラウンスイスの内臓入荷

吉田牧場さんのブラウンスイス2頭がお肉になって 岡山の吉田牧場さんからブラウンスイス2頭(一産

記事を読む

和牛経産の骨付きロース2種、ドライエイジングと吊るしの評価はいかに

リブとサーロインをノコギリで切断するので断面が汚れていますが赤身が詰まった良いお肉です。これ

記事を読む

異なる2つのシンタマは同じ牧草育ちだが中身がまったく違うので手当ての仕方も変えなければいけないのです

よい肉を食べるには、料理人、肉屋、生産者の三者全部のレベルが高くないといけないわけで(マッキ

記事を読む

おもて牧場の十勝若牛

十勝若牛は北海道十勝清水町の6戸の農家だけで生産されています。友人の獣医師、松本大策さんが飼

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
吉田牧場さんのブラウンスイス牛とカチョカバロ

吉田牧場さんのブラウンスイス牛『ドン』とカチョカバロ。 やっ

イルジョット×ワイン9コラボディナー

イベントはいつも急に決まることが多く、いつだったか名古屋ワイン

仕上げ方のことなる赤身肉3種

牛肉の仕入れで一番大事なのはなんだと思いますか? 僕は仕入れ

→もっと見る

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728