*

「 牧場・生産者 」 一覧

異なる2つのシンタマは同じ牧草育ちだが中身がまったく違うので手当ての仕方も変えなければいけないのです

よい肉を食べるには、料理人、肉屋、生産者の三者全部のレベルが高くないといけないわけで(マッキー牧元さん)... 僕がレベルが高いとは思っていませんが、より理解してくれる料理人にお肉を預けたいし

続きを見る

おもて牧場の十勝若牛

十勝若牛は北海道十勝清水町の6戸の農家だけで生産されています。友人の獣医師、松本大策さんが飼料設計をして独自の早期肥育技術で生産される旨味豊かな赤身肉です。 ホルスタイン種だからサシはな

続きを見る

牧草育ちのトックリ(骨付きモモ)2本は駒谷牧場のアンガス牛と吉田牧場のブラウンスイス牛

ジビーフ『ムサシ』25ヶ月齢(去勢)が北海道からトラックに揺られてやってきました。別室で少し休ませてから冷蔵庫へ入れます。トラック内の温度と室温を同じにして徐々に冷やしこんでいきます。我々人間

続きを見る

肉も人も良し悪しは顔にでる

2017/09/03 | 牧場・生産者

6月末にお肉になってくれたジビーフのリブロース。個人的に試したいことがあってこちょこちょしていたのですが、途中でサブールドラメールの山本シェフにバトンタッチして約1ヵ月。昨日Lボーンの状態で送

続きを見る

吉田牧場さんのブラウンスイス牛

2017/08/28 | 牧場・生産者

僕が商売をしている場所は黒毛和牛のど真ん中。日本最古の銘柄牛“近江牛”を生業にしている生産者や精肉店、さらに飲食店がひしめき合っています。その地で、ジビーフ(アンガス牛)を扱うには意味がある。

続きを見る

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31