*

肉Meets in ラッセ。時間を忘れて村山シェフの世界を堪能したのでした

公開日: : 2016/10/29 メディア

14639579_1175859369146414_1019522860133779963_n

ラッセで久しぶりに肉Meetsやってほしい!というご要望があちこちからありまして、私もリニューアルしてからお伺いできていないこともあり、じゃー普段のラッセじゃない肉オンパレードでやりましょうよと村山シェフ。

Facebookでイベントページ立ち上げて1時間後には満席・・・すごい!ラッセ人気。

img_1909

img_2649

まずは、ジビーフのタルタルから。

img_2650

平かしわのカルパッチョ

img_1913

近江牛レバーの“フェーガト ヴェネッアーナ”

img_1916

「布海苔」を練りこんだタリオリーニと愛農ナチュラルポーク

img_2660

img_2661

男爵イモのこだわりニョッキと薩摩豚

img_1923

近江牛のロースト

img_1927

梨とシャインマスカット

img_1926

シェフ村山がイタリア修行時代のマンマから受け継いだ味「ラッセ」=「板」に乗せて

ざざーっと料理を紹介しましたが、19時開始で終わったのが23時、あっという間の4時間でした。今回は、村山シェフから私が扱っている肉をすべてやりたいとのご要望をいただき、熟成肉以外をお願いした次第です。イタリアンというより「村山シェフの料理」というカテゴリーを楽しませていただきました。

通常のラッセでは味わうことのできない、村山シェフの懐の深さを垣間見た楽しい会となりました。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残念ながら関東地方のみ放送ですが明日28日テレ朝9:30分から食彩の王国に愛農ナチュラルポーク登場です

こんな良い番組なのに、なんで関東しか放送しないのかといつも嘆きたくなるテレ朝の「食彩の王国」

記事を読む

スマートな消費者

精肉店としてのプライド、経営者としての考え方、僕が構想するカテゴリー。僕の仕事は感覚がほとん

記事を読む

発売中のMeets(ミーツ)に掲載されている… そうです

ホワイトヴィール(ミルクフェッド)の骨付きモモを捌いたのだが、(捌き→骨を外すこと)豚肉を少

記事を読む

週刊現代に9ページに渡ってドカーンと掲載されております

「週刊現代」の今週号になんと9ページに渡って掲載されています。文・撮影はやまけんこと山本謙治

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年9月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930