*

吉田牧場でジビーフミーツな1日に全国から巨匠たちが集まったのでした

img_2216

「これとこれは獲れた場所が違いますね」と草喰なかひがしの店主、中東さんさんが2匹の鮎を指す。確かに顔を見ると違うような気がするのだが、私にはさっぱり分からない。果たして中東さんの言ってることは本当なのか?…

京都駅でバッタリ中東さんと遭遇。おぉーっ!とお互い驚いたもののじつは行き先が一緒というなんとも滑稽な旅の始まり・・・向かう先は岡山の吉田牧場さん。在来線に乗り換えて福渡駅まで30分くらいだったか、車内で川原町泉屋の泉さんと徳山の徳山さんとバッタリ。こちらも行き先は同じです。

img_2237

吉田牧場に着くと、すでに東京組が到着していた。この日の発起人マッキー牧元さんはじめ、銀座レカンの高良シェフ、バードランドの和田さん、世界を旅する料理人、舞ちゃん、スープストックのあっちゃん、味育の宮川先生、セコムの食の猪口さんなどなど、総勢19名でジビーフBBQの始まりです。もちろん名人たちの集まりですから、泉さんは持ちこんだ鮎を焼き、徳山さんは鮒ずしを振る舞い、中東さんは山で草を摘むというなんとも贅沢な会になったのでした。

img_2160

img_2162

img_2218

中東さんにかかれば目の前にあるものすべてが食材に早変わりです。主の吉田さんさえ食べたことがないという(笑)

img_2227

中東さんが庭先で採ってきたポルチーニを高良シェフがちょちょいと料理するとこんな感じ。ちなみに僕がいままで食べたキノコで一番おいしかった。

img_2087

img_2222

img_2126

で、中東さんの鮎の採れた場所が違う発言ですが、恐ろしいことに当たっていたのでした。

さて、中身が濃すぎてなかなか先に進めないのでざくっと割愛して(笑)この日のメイン、ジビーフです。

img_2217

部位はリブロースとトンビ。

img_2212

トンビはさっと炙ってから高良シェフがカルパッチョに。吉田牧場のモッツァレラとよく合います。

img_2177

リブロースはピザ釜でじっくり火を入れていきます。ジビーフは水分が多く焼くのも難しいのですが、何度も触ってもらっている高良シェフならではの裏ワザ炸裂で信じられないくらいおいしくなってくれたのです。

img_2228

肉を焼くくらいならだれだってできますが、肉の個体を見極めておいしく焼くとなれば、経験と知識だけではなく創造力が必要なんだと、この日の高良シェフからそんなことを感じさせられました。肉の気持ちになんてなれるはずもありませんが、もしかすると高良シェフは別なんじゃないかなと、あまりのおいしさにふとそんなことを思ってしまったのでした。

なにわともあれ、すばらしい方々に囲まれながら数年前まではだれも見向きもしなかったジビーフが、こんなにも人の手を介しておいしくなってくれたことに感謝したいと思います。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レカン高良シェフの肉焼きと宮川先生の料理センスに驚いた

これ何かわかります? 正解は最後で(笑) 6月に北海道の「おもて牧場」へ行っ

記事を読む

第2回肉Meets in IL GiOTTO(イルジョット)

第2回の肉Meetsは、駒沢のIL GiOTTO(イルジョット)で開催された。 愛農ナ

記事を読む

肉Meets in スペイン バスク料理 Ama-Lur アマ・ルール

大阪の「スペイン バスク料理 Ama-Lur アマ・ルール」で開催された肉Meetsはワイナリー和泉

記事を読む

今日の完全放牧野生牛(ジビーフ)

毎朝、完全放牧野生牛(ジビーフ)の生産者、西川奈緒子さんからメールが来るのですが、なんかスゴ

記事を読む

商品環境とシチロウを食す会

朝から立て続けに2本、ギフトで貰ったお肉がおいしかった、梱包が素晴らしくて感動したとお電話を

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930