*

ジビーフを食べる会 in イルジョット

公開日: : 2015/07/11 イベント

10995373_1653764374852880_6283657034006143891_n

5月8日にお肉になってくれたジビーフ()ですが、じつは今年初めての出荷だったのです。ならば楽しみにしていてくれた方々と食べようということで、イルジョットで食べる会を開催することになったのでした。

O

スケジュールの関係で、開催日は2か月後。問題はそれまでジビーフが持ってくれるのか。つまり水分の多いジビーフを通常の冷蔵庫で2か月もおいておくと腐ってしまう可能性が高いのです。

案の定というか1か月を過ぎたあたりから嫌な変色が目立ち始めました。ここまでの保管方法は肉を保護するミートラッパーなるものを巻きつけていたのですが、思い切って外したところジビーフが元気を取り戻したかのように活性し始めたのです。

O

さて、イルジョットの高橋シェフがこの日使った部位は、リブロース、サーロイン、ウチヒラ、スネの4部位。

O
まずは、リブロースを低温でしゃぶしゃぶサラダ仕立てに。

O

モモ肉のジャーキーはこの後、ハーブバターをのせて登場。一緒に合わせた水茄子のマリネが秀逸でした。

O

モモ肉のメンチカツ風、卵の衣を敷いて、トリュフ添え

O

ウチヒラのステーキ&ジロール茸

O

11403390_733976543379709_6954812100520977296_n

サーロインの炭火焼き&近江八幡市大中の西瓜添え

11008505_10152927391042231_5615853023629203140_n

すね肉の冷製パスタ

O

ジビーフはかなり手強かったようです。それでも多彩なメニューを組んで頂き、ほんとうに感動する味わいの数々でした。

いままで出荷したジビーフをすべて扱ってこられた高橋シェフですが、今回のジビーフ“ハッサン”は、草の香りが弱く、しかし力強さを感じる肉質だったとコメントいただきました。

参加者みな一様においしいを連発し、笑顔あふれる楽しい会となりました。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

熟成をテーマに「肉×チーズ×日本酒の会」はマニアックすぎておもしろかった

和歌山のコパン・ドゥ・フロマージュ@宮本さんとなんかやりましょうよと2人で盛り上がって実現した「肉と

記事を読む

DUMASの肉会はすばらしかった!そして、ジビーフと愛農ナチュラルポークの入荷情報

愛農ナチュラルポークのウデ肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ 中之島ダイビルのDUMAS

記事を読む

シチロウの骨付熟成肉の公開脱骨作業

シチロウのリブロース断面、放牧で草を主食にしてだけあって赤身が強い。[/caption] シ

記事を読む

新しい畜産の創造から生まれた吟撰但馬系プレミア近江牛

粗飼料66%で仕上げた「吟撰但馬系プレミア近江牛」のお披露目会が無事終わりました。 ちなみ

記事を読む

素材を知っている人の仕事とは

私は肉以外のことはまったくもってダメダメで野菜も魚も名前すらわからない感じです。私がなんでも

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年10月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031