*

クジラがモチーフのナイフを見るためにラ ロシェルのFAROL社へ

公開日: : 2015/05/25 フランスの旅

IMG_4683
5/15は、かなりバスに揺られました。ナントから2時間余り南下したビスケー湾の入り江にあるラ ロシェルへ。目的は僕も愛用(サンプリングで借りっぱなしなだけですが)しているFAROL社の工房見学です。こちらのナイフは完全手作りで1日MAXで30本しか作れないという貴重なもの。もちろん現在は日本未入荷です。代理店も決まりぼちぼち入荷が始まるようですが、だれかれと販売するのではなく想いのある方に使っていただきたいとのことです。

IMG_4690


工房見学の後は、社長さんの計らいで
レ カトル セルジャンにてランチです。イブマリが来るというのでレストラン側は牛肉をリードボーに変更するという慌てぶり。いつも通りに牛肉を出してイブマリに感想を聞けばいいのにと…. 余計なお世話ですが思ったりしたのでした。

特別にFAROL社のナイフをいくつか社長さんが持参してくれていて、好きなものを選べると言う特別待遇ぶり(笑)

IMG_4694

IMG_4700

IMG_4695

IMG_4702

まだまだ続く

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

童話の世界をみるようなすばらしい環境のなかで暮らす幸せそうな牛たち

3番目の訪問地となったのは、ナントの東南にある ラ バレ ベルト牧場です。シンメンタールとい

記事を読む

パリのBoucherie、まずはHugo Desnoyerへ

パリ2日目の午後は16区にあるBoucherie(肉屋)Hugo Desnoyerへ行くこと

記事を読む

すばらしい環境を目の当たりにした1軒目の牧場視察

5月13日、この日は朝からイブマリのマスタークラスに参加して、午後はイブマリが契約している牧場へ。メ

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

牧場BBQで最高のおもてなしを受けたのでした

牧場見学の後は、ウォーミングアップ的なワインとサラミをいただき、場所を移動して超豪華なBBQ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031