*

ビオディナミなワインたち

公開日: : 2017/07/06 フランスの旅

電車の待ち時間など、思い立ったらスマホで書いてるようなブログなので、日にちは前後していますが、パリに一泊した翌日はTGVに乗ってアルザスへ向かいました。

到着したのは、アルザス地方のコルマールよりすぐ北のAmmerschwihrという村に位置するDomaine Binnerです。当主のクリスチャン・ビネールさんにはディオニーの前田さんから連絡を入れてもらっていたのでかなりスムーズでした。

ビネールさんは先代から無農薬を徹底し、SO2もほとんど使用していないワイン造りをされています。いまでこそ無農薬のスタイルが注目されていますが、やり始めた頃は化学肥料が当たり前の時代。おそらく周囲からは変人扱いされたことでしょう。奇跡のりんごの木村さんが浮かびますが、恐らく木村さんがご苦労されたように、ビネールさんも辛い時代があったことが安易に想像できます。

Cave内を案内され、色々と説明を受けましたが、正直難しいことは分かりませんでした。ワインを仕事にしているわけでもなく、ただ個人的に嗜む程度なので液体が好みかどうか、ただそれだけなのです。しかし、造り手と話し、環境を知るとそれだけじゃない感情が生まれます。

本日、7/5東京の某所でイベントがありました。私が扱っている牛や豚を使って宮川先生と村田シェフが料理するというもの。ワインはオルヴォーの田中さんにお願いしたのですが、嬉しいことにビネールさんのワインを用意してくれたのです。造り手と一度でもお会いすると、おいしさのレベルが違いますね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言って

記事を読む

牧場BBQの前の腹ごしらえ的なウォーミングアップ

イブマリのマスタークラスに参加後、パリからバスで北東方面へ1時間半ほどバスに揺られて

記事を読む

肉Meets in ル・クロ・イグレック / Le Clos Y

2013年12月12日、ちょうど1年前になりますが大阪の有名フレンチ「ル・クロ」が本場パリに

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

フランスの旅は濃厚で楽しく最高の牛ツアーでした

牧場見学もこれで最後となりました。デランド牧場です。ヘレフォードやブロン ダキテーヌとの交配

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31