*

100%北海道産で育てる大樹じゃがポーク

公開日: : 2014/09/27 未分類

北海道の生産者から肉を仕入れる機会が多くなり… とは言ってもなんでもかんでもということではなく、たまたま気にいった肉が北海道だったでけで、もちろん縁もあり造り手の人柄含めて一緒にいて楽しいかどうかが最終的な判断基準となるのですが、24日から3日間、オークリーフ牧場、石田めん羊牧場、大樹町ころころ牧場、そしてジビーフの駒谷牧場へ行ってきました。内容が濃すぎるので分割して書いていきたいと思います。まずは大樹町ころころ牧場から。

O

3日間のうち、この日だけが雨で豚たちも泥まみれだったのですが私が近づくと豚たちが一斉に寄ってくるんです。

O

顔なんて泥で真っ黒ですが、いやぁ~可愛いのなんのって。でも食べるんですがね(笑)

O

O

じゃがポークの特徴はエサにあります。十勝産の高級じゃがいも「インカのめざめ」を食べさせているのですが、ハネもの(商品としては販売できない規格外のもの)には見えないりっぱなじゃがいもばかりでした。生産者の六郎田さんが自分でも食べているとおっしゃっていたのもうなずけます。

日本の畜産は海外の飼料なしでは成り立たないのが現状です。それが悪いこととは思いませんし批判するつもりは毛頭ないのですが、例えばBSEのときにも経験しましたが、伝染病が蔓延した場合なんか、疑われるの要因の1つが飼料なのです。こういったことに労力を費やすのが嫌で始めたのが国産飼料100%で育てる近江プレミアム牛なのですが、じゃがポークはさらにその上をいく、すべての飼料を十勝産(一部道内産)で揃えていました。

O

O

じゃがポークに与えている飼料はインカのめざめ(粉砕/十勝産) 、雑豆を焼いて砕いたもの(十勝産) 、大豆きなこを加熱したもの(十勝産) 、三等小麦(非加熱/十勝産) 、米ぬか(道産) +カルシュウム、塩… こんな感じです。北海道だから可能なことですがそれにしてもすごいです。
O
ただ、いくら良い飼料を与えても、すべてが国産品であっても、じゃーおいしいのかと言えばそれは別問題です。輸入の飼料でも同じことが言えますが、要は配合比率であったりバランスなのです。もちろん私は味も選ぶ上での大切な基準と考えていますが、それよりも飼料は重要視しています。豚が食べたものが私たちの健康に影響を及ぼすことは意外と軽視しがちですが、じつはとっても大事なことなのです。
正直、現状のじゃがポークは愛農ナチュラルポークには劣ります。もちろん私が知っている限りの他の銘柄豚よりはおいしいと思っています。そしてまだまだおいしくなる要素を持っているのも事実です。だからこそ、現地に出向いてまで仕入れているのです。いまは与えている飼料内容を把握して安心安全な豚であることを知ってもらうことを第一優先で考えています。

味に関しても他の豚肉にひけをとらないレベルなので、さらにおいしくするのは次の段階でいいのかなと思っています。なにかを変えたところで急激に味が変わることはないので、そこは見守りつつ消費者の声を届けていければいいかなと考えています。

本日、1頭入荷してきましたので早速ご購入いただけます(

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークの骨抜き研修中

毎週木曜日はセジールのランチが休みなので、今年の4月から入社した井手さん(19歳)はサカエヤ

記事を読む

熊本から馬肉が届きました。初めて知りましたが軽種馬というらしいです

あるシェフから馬肉が手に入らないかと言われて、それなら熊本でしょう、ということで知人にお願い

記事を読む

門外不出の平かしわ、果たしてお味の方は・・・

FBに投稿したら興味を持たれた方がたくさんおられましたのでこちらにも。 写真はサヴール・ド

記事を読む

好きなことを突き詰めるとこうなるのかと

変態レベルを超越した変質者レベルの南崎さんのワイン会が昨夜も開催された。今回はスペインのファ

記事を読む

本日よりセジールの予約がはじまりました

10月1日より村田シェフの退職により若者3名で営業してきましたが、じつは後任の溝口シェフがし

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31